連作障害のはなし ~畑の勇者マリーゴールド~

先日ミニトマトの苗を買いました。

マリーゴールドの苗も一緒です。

f:id:mishacarrot:20190521215111j:plain

夏野菜の苗は四月ごろから

ホームセンターなどで販売されていましたが、

寒冷地なので四月に買っても植え付けができず、

GWがおわってからが夏野菜の本番になります。

 

とはいえ、我が家の限りある面積の菜園では、

夏野菜に関して毎年どこに植えようかと思案せねばなりません。

 

 

連作障害とは 

その理由の一つが「連作障害」。

同じ科の野菜を同じ場所で作り続けると

特定の栄養素が減っていったり、

あるいは害虫がはびこったりして、

うまく育たなくなってくることを

「連作障害」といいます。

 

連作障害になりやすい「科」としては、

  • ナス科(トマト、ナス、ピーマン、ジャガイモなど)
  • ウリ科(キュウリ、スイカ、カボチャ、ニガウリなど)
  • マメ科(インゲン、エダマメ、エンドウなど)
  • アブラナ科(ダイコン、キャベツ、ブロッコリーなど)

 

アブラナ科以外はみな春に植え付けて

夏に収穫する「夏野菜」がほとんどなので、

育ててみたい野菜は多々あれど、

どういう配置で植え付けて育てるか?

悩んでしまいます。

 

ナス科の夏野菜たち

わかりにくいうえに厄介なのがナス科。

ナスがナス科なのはわかるけどピーマンやトマトも

そうだというのは家庭菜園をはじめてから知り

それすらびっくりだったのですが、

さらに驚いたのがジャガイモもナス科だったってこと!

ピーマンやトマトならナスと同じように花が咲いて実がなるのだが、

根が膨らんだものを収穫するジャガイモまでそうだったとは !

 

早春に植え付けたジャガイモ、

以前紹介いたしました「インカの目覚め」、

それが育って現在花が咲いている状態です。

f:id:mishacarrot:20190521215129j:plain

このジャガイモが東の畑を三畝分占拠していまして、

同じ科の野菜は同じ場所に続けて

作るのも好ましくないのと同様、

近くに植えるのもあまり好ましくはない…。

 

でも同じ科のミニトマトは収穫できると

食卓のメニューにおいて何かと便利なので

夏にぜひ栽培したい野菜の一つ。

 

昨年ジャガイモ及びトマトを作っていなくて

しかも今植えてあるジャガイモから離れた場所?

ほんと、限りある面積の家庭菜園で、

そういうのきっちりするのって難しいのです。

 

とりあえず今年は東の畑で

ジャガイモ三畝の横にサニーレタス一畝を挟んで

ミニトマトを植えることとしました。

 

そして横には野菜の強い味方、マリーゴールドを、植えました。

 

畑の勇者マリーゴールド

植物には同じ場所に植えるとお互い良い効果が期待できる場合があり、

それを「コンパニオンプランツ」といいます。

 

マリーゴールドは コンパニオンプランツとして相性の良い野菜が多く

  • トマト
  • ナス
  • ジャガイモ
  • キュウリ
  • ダイコン
  • カボチャ
  • マメ類

などなど。

 

土中にいて根を食い荒らす線虫(センチュウ)という害虫がいるのですが、

根に小さいこぶを作るネコブセンチュウ、根を腐らせるネグサレセンチュウなど

これらに対抗する植物としてマリーゴールドは有効です。

また葉や花のにおいも強くコナジラミを避ける効果があるとされています。

 

マリーゴールド花言葉の一つに

「勇者」という言葉があるのですが、

なるほど害虫に対抗する様はまさしく「勇者」!

 

とはいっても害虫をやっつけるわけではなく

嫌がるにおいを出して害虫を避けさせるだけで

コンパクトな花なので効果の範囲もそれなり…。

 

ゆえに野菜苗の間にできればいくつも

植えたほうがよいのでしょう。

f:id:mishacarrot:20190527114403j:plain

こちらはジャガイモの苗の間に植えたマリーゴールドです。

 

マリーゴールドは葉や花や根すべてに効果があるので

花が終わった後には緑肥として畑にすきこんでも、

同様の効果が得られます。(*‘ω‘ *)。

 

最後の最後まで役に立つ花なのです。