人間をモノとしか扱えない人~教育虐待の記事を読んで~

 今回の記事もネタとしては重たいです。

まずは記事のリンクをどうぞ( `ー´)ノ。

president.jp

 「子が従わないから・・・」のフレーズと「愛情」という言葉が

セットになっていること自体  怖いです( ̄ー ̄) 。

 

子供の中学受験に対してエキサイトしすぎて

「不幸な結果」を招いた父親の事件の分析に関しては、

他にもいくつもあるのですが、

この記事の中にある精神分析

自分自身も身につまされる(被害を受けた子供の立場として)

ので、この記事を取り上げさせていただきました。

 

まず、この記事のキモとなる精神分析( `ー´)ノ、どうぞ!

 

「教育虐待」をする親の四つの特徴

① 「子どもは自分のもの」という所有意識
② 子どもは「自分をよく見せるための付属物」という認識
③ 子どもを自分の思い通りにしたいという支配欲求
④ 自分は正しいという信念

 

 

私自身は高校までは公立で

今話題の「お受験」なるもので

親にエキサイトされたというわけではなく、

なおかつ子供を苦しめてきたのは主に母親なので

記事内の父と息子の事例とは事情が少し違うけど、

 

「子供は自分の所有物であり、付属物でもある」という、自分の信念は正しい!

 

という、はた迷惑、ならぬ「子供の迷惑」にしかならない「信念」のもと

罵倒や、皮肉や、当てこすりや、

その時の子供の生活や、のちの人生において害にしかならない「心配」など、

精神的苦痛を与え続けてきたという点では

めちゃくちゃ一緒だな、と、思ったのですね。

 

実際、家族が自分の思い通りに動いてくれないことを

家族全員に対してひとしきり罵倒した後で、ぬけぬけと

「家族は自分のモノだと思っているから」と

罵倒したことの正当な理由として悪びれず母親が語り、

げんなりさせられたことが、

私自身二十代の頃の話ですが、あります。

 

こういう精神的にゆがんだ人間が親では

改めて言うが子はたまったものではありません!

 

親自身がそうなってしまったのには

親自身の人生の不運な事情もあるケースが多いでしょう。

 

記事では 

 人生の敗北・劣等感を子どもにぶつける毒親たち

 

というフレーズでも書かれております。

「敗北感」も「劣等感」もそれこそ子供が生まれる前からの

彼(彼女)ら自身が歩んできた人生の結果であって、

 

子供の責任ではない!

 

にもかかわらず、家庭の中という密室の中で、

ともすれば「親心」などという言い訳で正当化できる

加害行為を一番弱いものに自身の人生の不満のはけ口にしている!

 

事件そのものは、子供の命が奪われたことで

刑事事件として扱われ世間が知り及ぶこととなっったけど、

「教育虐待」にせよ、他の言葉で表現できる「虐待」にせよ、

おそらくは、氷山の一角なのでしょう。

 

その成れの果てが、これまた今話題の

「ひきこもり」とか「8050問題」にもつながっているのでしょうね。

あと親子関係じゃないけど、

これも今話題の「ブラック企業」なんて言うのも、

人間をモノとしか扱えない、

と、いうことの括りにいれていいかと思います。

 

ではでは<(_ _)>。

 

☆本日の癒し~犬じゃないの?~☆

f:id:mishacarrot:20190710170618j:plain

見た目は犬だけど、似て非なるものですよ、ユズ(*'ω'*)。

 

f:id:mishacarrot:20190710170807j:plain

えっ、そうなの!(ユズ)。