ハーブの花言葉を考察します

今週のお題「わたしの自由研究」

 

どんな植物にも名前はある、

どこにでも生えている「雑草」といわれる植物にでも、

そして、個々の植物に人は「花(植物)言葉」なるものをつけ、

時に誰かの贈り物にそのメッセージを託したりもします。

 

花言葉の決められ方は大別すると、

  • 植物の見かけや性質に由来するもの
  • 古今東西の神話や伝説に由来するもの

となります。

 

今回はハーブの花言葉について考察します。

 

(注、花言葉には諸説あり、この記事における意見はあくまで筆者個人の見解であることをお断りしておきます。)

 

 

 

タイム「勇気」

シソ科 多年草 花期4~6月

タイムの香りはどこかきりっとした感じであり、

効能も疲れた時の元気回復や殺菌作用に優れています。

そんな性質が上記の花言葉につながったのでしょうか。

古代ギリシャにおいては「タイムの香りのする男」というのは

最大の誉め言葉でした。

f:id:mishacarrot:20190419143344j:plain

 

ローズマリー「記憶」「思い出」

シソ科 多年草 花期3~11月(品種による)

ローズマリーには記憶力を高める効果があるとされ、

受験生の強い味方でもあります。

それで「記憶」とか「思い出」という花言葉

そのまんまやないか~い!

ちなみにローズマリーの花の名前の由来ですが、

聖母マリアがイエスを出してエジプトに逃れる途中

良い香りのする白い花の咲く樹木にマントをかけたら

花が青く染まった、という美しい伝説があります。

そこから「聖母マリア」のバラ、

ローズマリーといわれるようになったのです。

 

カモミール「逆境の中のエネルギー」

キク科 一年草 花期4~6月

これは私自身身をもって体験しました。

2016年4月熊本に地震が襲い、

さらにその半年後には阿蘇山の爆発的噴火で

我が家の庭にも火山灰が降り積もり

多くの植物が枯れてしまいました。

上記のタイムもかなりダメージを受け

今春になって樹勢が震災前の状態までになったのですが、

回復するまでに3年の月日がいったのです。

 

そんな中でもカモミールだけは

こぼれ種で次々と芽を出し、

花言葉を地で行くようなエネルギーを見せてくれました。

f:id:mishacarrot:20190419143323j:plain

(カモミールには一年草ジャーマンカモミール多年草ローマンカモミールがあり、今回は筆者も育てているジャーマンカモミールの方をあげさせていただいています。)

 

ラベンダー「不信(期待)」

シソ科 多年草 花期6~7月

この花言葉を知ったときには???と首をかしげました。

ハーブの女王といわれる花に対して、

この花言葉はあんまりでしょう。

 

と思っていたら、別の資料では「期待」という花言葉も。

 

確か日曜夕方放送の「笑点」でいつも流れる

お線香のCMでも同じようなことが言われてましたね。

 

そしてここからが私の勝手な想像ですが、

片思いでも両思いでもどちらでもいいですが、

「彼は私をどう思っているかしら?」とか

「最近様子がおかしい、浮気でもしてるんじゃないかしら?」とか

誰かを思いその心を想像するとき、

「不信」にさいなまれていても、

それは相手への「期待」が奥に隠されているから、

 

「不信」「期待」は表裏一体なのでしょうね。