チビの新たな相棒 ~黒猫追悼記9~

2013年夏の初めからうちの庭に居ついたベルとツッキー 

mishablnc.hateblo.jp

 

 

仲が良すぎる二匹

最後まであまりなついてくれなかったせいもありますが、

彼らについては書くことがあまり見つからない、

しいて挙げるなら、二匹の仲が良すぎるということでしょう。

f:id:mishacarrot:20190929161801j:plain

うちの庭先でなごんでいる時もとにかく二匹一緒

 

授乳の真似事まで(・_・;)…、

f:id:mishacarrot:20190929161849j:plain

きょうだいで何やっとんじゃ(・_・;)…。

 

この様子を見てベルはメスだな、と思ったのですが、

世の中には、楓屋さんちのダイちゃんのように

オスでも授乳(本当に乳が出るわけではないけど)する猫がいますからね。 

kaedeya.hatenablog.com

 

そして二匹がうちで餌を食べるようになると

チビが家の台所に入ってきてエサを食べるようになったのです。

どうやらその方が他猫(ベルとツッキー)にエサをとられず、

ゆっくり食べられるということに気づいた模様。

 

チビ、家ネコとしての第一歩を踏み出す(*^^)v!

どんだけ亀の歩みだ!

  

チビの相棒となる子猫 

時が少し流れ、2013年11月、

三匹のネコが居つく我が家にさらにニューフェイスが!

 

ついに現在うちの唯一の飼い猫マオの登場です。

mishablnc.hateblo.jp

マオがやってきたいきさつはこちらに書いておりますが、

当時ようやく家での中(台所)でエサを食べるようになってきたチビが

「なに、この子?いやだからおうちに入らない!」

と、勝手口からマオの姿を発見するや否やプイっと( `ー´)…。

 

ええっ!やっと家ネコとしての第一歩踏み出した矢先に思わぬ誤算!

 

と、がっくりしたのですが、それも一時的なことで、

マオの存在に慣れるとチビも前のように家に入ってエサを食べ

遊び相手にもなってくれるようになりました。

 

f:id:mishacarrot:20190930195304j:plainマオが成猫になる前、しかも去勢手術もまだのときは、

じゃれて遊ぶにしても加減がわからないのか、

チビが辟易してするっと去ってしまうこともありましたが、

去勢手術を終えてからはどんどん仲良くなっていき、

それにともないチビの我が家での行動範囲

それまでは台所とその横のバスルームくらいだったのが

人間(つまり私たち)が集まるリビングルーム

二階にまであがってソファーの上で和むようになりました(*‘ω‘ *)。

 

f:id:mishacarrot:20191001170245j:plain

リビングです(*´ω`)。

 

ツッキー姿を消す

こうして一時期我が家には、

ベル&ツッキー、チビ&マオの仲良しコンビが二組いたのですが、

翌年の2014年春ごろにツッキーが姿を消してしまいました。

 

あれだけベルと仲良しだったのに!

 

だからか?

 

以前の記事でも書いたけど

オス猫は近親交配を避けるため成長すると

育った場所を離れていくという、

mishablnc.hateblo.jp

 

ツッキーはオスだったのかな?

それにしてもベルとあんなに仲が良かったのに。

 

ベルもこころなしか寂しそう(~_~)、

と、いうのは人間の感覚だろうか?

ネコはもともと単独生活の生き物ですからね。

 

それにしても「ツッキー」がなくなるなんて縁起でもない!

というのも人間の感覚、

勝手に名前を付けたのは私ですからね。

 

モップにしてもそうだけど、

その後の彼らがどうなったかは確かめるすべはない、

だいぶ月日がたっているので、

すでにこの世の存在ではない可能性もあります。

 

ときどき思い出すのは彼らのお月様のような瞳

 

新月の夜になぜか、

夜空に小さな半月が出ているのが見えたら

それは黒猫の魂が空から世界を見下ろしているからだよ、

 

なんてホラーともファンタジーともつかない

妄想垂れ流してどうするんじゃ!

 

失礼しました('◇')ゞ、ではまた。