肉が臭いから大航海時代が始まった

今週のお題「いい肉」

 

 

私は「肉」があまり好きではありません。

タンパク質摂取なら魚介類や卵、大豆製品で十分なのです。

他のブログを見ると料理法とかひいきの店とか

とにかく「おいしそう」な写真が載っていますが、

こちらのブログではそういうポジティブなお役立ちネタは

紹介できそうにないことはあらかじめお断りしておきます。

 

肉の何が苦手というと「臭み」です (~_~)。

肉汁だの肉のうまみだのとありがたがる人が多いけど

口に入れた瞬間感じる臭さ、あれがもういや(>_<)!

だから例えばラーメンの上に載っているチャーシューなど

その上に胡椒をたっぷりかけそれでごまかして食べています。

ハンバーガーとかステーキとかも食べられないことはないですよ。

それには調理法とたれorソースでいかに臭みを消してくれるかがポイントで、

でもそれって肉そのものが美味なのではなく調理法が上手で、

たれやソースがおいしいだけじゃないの、肉料理って?

 

と、私としては考えてしまうのですよ。

 

この感覚って今の時代だともうレアになってしまっているかもしれませんが、

そもそも日本に肉食が入ってきたのって明治以降じゃないですか!

明治天皇も肉が嫌いだったけど、西洋人と食事をする機会も多く

国民に範を示すためにお召し上がりになっていたとか(おいたわしや~(-"-) )。

 

すき焼きは肉食の習慣のなかった日本人にいかにして抵抗なく

肉を食べてもらえるか試行錯誤の結果あみだされた

ごはんにも合う肉料理なのですね。

上質の肉をたっぷりのしょうゆと砂糖で味付けして

臭みを感じさせないようにしてくれるなら、

肉の臭みが苦手な私もおいしく頂ける偉大な調理法なのです。

 

そして肉食の本場、ヨーロッパでは肉が臭いという感覚は

なかったかというとそうではない!

ヨーロッパに自生していた植物の中でも

香りが強く薬効のある植物をハーブと呼びます。

ローズマリー、タイム、オレガノなどは肉の臭みけしに有効ですし

特にセージは、豚ひき肉を混ぜ合わせ加工され

それは「ソーセージ」と呼ばれるようになりました。

 

ヨーロッパに自生した植物だけでも肉の臭みけしに

有効な植物は多くあったのですが、

それよりもさらに強力な臭み消しの調味料、それは「胡椒」!

胡椒の臭みけしパワーすっごーい!

それまでのハーブというものなどあっという間に倉庫番にしてしまうような

ソシャゲで言うならぶっこわれキャラ的な…?

感じの調味料だったのでしょう。

 

航海術と造船技術がそれほど発達していなかった時代には

イスラムを経由してヨーロッパにも胡椒がはいってきてはいました。

それは貴重なものだったがゆえに黄金と同じ価値があるといわれたのです。

 

その胡椒をイスラムを経由せず直接仕入れることができたら

大もうけできるんじゃないかい?

 

造船技術などの発展とともにこの考えが実現できるようになりました。

アメリカ大陸を発見したとされるコロンブス

最初に目指したのは胡椒の原産地インドですから。

 

もっとも、その後の大航海時代については

ヨーロッパ人がアフリカ・アジア・アメリカへの大規模な航海を行い、"発見"した土地で略奪や搾取の限りを尽くした時代。

ウィキペディアより

 

 であり、とても美化できるものではありませんが…。

 

☆本日の癒し~肉が苦手なら俺が食べちゃる~☆f:id:mishacarrot:20191205161713j:plain