ネコとネズミのキャラクター比較

2020年はネズミ年 =^_^=

宿敵関係にあるネコにとっては心穏やかではいられない年!

どんだけ猫が要望を出しても👇、年神の変更は無理だと思うので、

mishablnc.hateblo.jp

別の事柄でネズミVSネコの比較(競争)をやってみましょう。

いいですね(*´ω`)。

f:id:mishacarrot:20200103154023j:plain
f:id:mishacarrot:20200103154100j:plain

ふむ、よいでしょう( ̄▽ ̄)

(ネズミ代表として年神引継ぎの儀式に抜擢されたカピパラ(左))

上等じゃ、受けて立つ( `ー´)ノ(猫のマオ(右))

 

ということで、ネコとネズミの様々なキャラクターの比較いってみましょう。

 

アニメ・マンガ他キャラクター

キャラの中でも主人公あるいはほかの登場人物の良き相棒とか

物語の中のマスコット的存在、とかいうのではなく、

物語をけん引する主人公クラスで、

なおかつ知名度の高い(8~9割の人が知っている)ものを抜粋してみました。

ネコ
ネズミ

 

どれも王道の人気キャラというか、甲乙つけがたい!

 

他にもネコやネズミが主人公の物語は

リンクしたウイキペディアの記事に☟たくさんありますよ。

Category:ネコを主人公にした物語 - Wikipedia

Category:ネズミを主人公にした物語 - Wikipedia

  

妖怪

さて愛されキャラたちの次はホラー系のキャラで行きましょう。

ネコ
ネズミ

 

ネコに関しては以前化け猫と猫又の違いを描いた記事を出したことがありました。

こちらです('ω')ノ。

mishablnc.hateblo.jp

大雑把に説明すると猫が長生きしてなるのが猫又、

にんげんに恨みを持つとなるのが化け猫 、

より詳しいことをお知りになりたい方は上のリンク記事をどうぞ。

 

ネズミの方ですが旧鼠とはネズミが長生きして妖怪化したもの、

ネズミの猫又バージョンですかね。

 

物語によっていろいろあり、

猫を食い殺すもの、親を亡くした子猫を育てるもの、

にんげんに害をなすものもあるようです。

 

「キュウソ、ネコをかむ」ということわざがありますが、

こちらの「キュウ」は「旧」ではなく、窮地の「窮」、

文字通り窮地におちいったネズミという意味なので、

「旧鼠」とはまた別ものです。

 

鉄鼠というのは平安時代の僧侶頼豪の怨念がネズミ化したもので、

太平記」や「平家物語」に登場します。

天皇の命を受け祈祷をし、その褒美に寺の戒壇の建立を要求したのに、

別の宗派の比叡山延暦寺の横やりでそれがかなわず

恨みに思った僧がネズミの妖怪と化したのです。

 

パターン的にはネコもネズミも長生きして妖怪化したものと、

誰かに恨みを持って妖怪化したものの2パターンに分かれるようです。

 

そしてついでと言っては何ですが、加えた「猫娘」と「ねずみ男」。

こちらは前の項目に入れてもよかったのですが、

主人公じゃないし、妖怪だし、ここでいいかなと思いまして('◇')ゞ。

 

ねずみ男が良からぬことをしでかしても

比較的寛大な鬼太郎に対し、猫娘は容赦なく仕置きにかかる(;´・ω・)…、

ネコとネズミの宿敵関係をほうふつとさせる間柄ですね。

 

彼らを嫌うキャラクター

最後は彼らを蛇蝎のように嫌うキャラたちを、

その言い分とともに紹介いたしましょう。 

 ネコ
ネズミ

 

 嫌いになった理由、それは「過去のトラウマ」

 

早乙女乱馬は幼いころ父親から修行のためだと

ネコの大群の中に放り込まれて以来ネコがきらい、

ドラえもんは耳をネズミにかじられたせいできらいになりました。

 

他の理由として、

彼らのかわいい見かけが苦手というのがシティハンターの海坊主。

鳴き声を聞くと体中の力が抜け、特に子猫がダメだとか…。

こちらは過去のトラウマとか関係なさそうで、

こんなにかわいいのに(*´ω`)、と、つっこみたくなる弱点、

作者がギャップ萌えを狙ったとしか思えないのですが…。

 

シティハンター」の厳密には続編じゃないけど、

続編的な立ち位置の「エンジェルハート」では

猫アレルギーだから、と、設定が修正されておりました。

 

さらによくわからないのが「動物のお医者さん」の二階堂君、

彼のネズミに関する意見を紹介いたしましょう。

「あいつらは食って寝るだけ、何の芸もなく、世話したところでなつくということもない忘恩の輩だ。」

特によく知らないけどネズミの悪口ならすらすら出てくる二階堂であった。

と、作者もト書きで説明しております。

嫌いになったきっかけも、嫌い続ける理由もよくわからないのですが、

それが作中の笑いポイントにもなっていましたからねえ(;^ω^)。

 

f:id:mishacarrot:20200103170020j:plain

で、けっきょく勝負は?(猫のマオ)

え~と(~_~)、読まれた方それぞれの心の中で、ということで…(ブログ主)

 

ブログ主が昭和生まれなのはタイトルでもお分かりかと思いますが、

そのせいか出てくるキャラや作品がなにかと古かったのはご了承ください。