卒業式もできない若者やら、この世も卒業しちゃったお笑い芸人やら

今週のお題「卒業」

 

あと二日で4月、本来なら新年度なのですが、

どうも今年は卒業式ができないところがあったり、

あちこち自粛で開かれてないところがあったりするせいか、

なんとなくだけど、そういう気分になりにくいですね。

f:id:mishacarrot:20200330165823j:plain

まあ、そういわんと(∩´∀`)∩(マオ)。

 

昨年の今頃は 

昨年二月ごろからはてなブログをはじめ、

ちょうどこの季節に「卒業」や「クラス替え」にかかわる

体験談を書いた記憶があります。

 

その記事はせっかくコメントやブックマークももらったのだけど、

そもそもきっかけがNHGの襲撃事件とそのあとの

被害メンバーの「卒業」という名の追放だったりしたので、

そういう芸能界の批判をグーグルアドセンスの審査を受ける際に

残しておくのはどうかと思って削除しちゃったんですよね。

 

(今思えばもったいなかったにゃ(-_-;)…。)

 

その時の体験談では私が小学4~6年の時、

いじめが蔓延していた陰険なクラスで、

担任教師は病弱で休みがち、

そんなクラスだったため卒業式は

その理不尽な支配からの卒業だったせいか、泣く人間が一人もいない!

在校生が列を作って学校の門まで送るときも

「なんで三組だけ泣かへんねん。」

なんていわれたのでした。

 

そういう陰険なクラスとNGTのありさまとかが

かぶるところもあり記事を書いたのでしたね。

 

素人少女を使い捨てにするアイドルグループ(NGT48など)

NGTの事件が起こった当時、とあるサイトの書き込み欄に

男性アイドルグループの場合、女性ファンはアイドルが年をとってもファンだし、

むしろ成長を見守っているようなところがあるのに、

女性アイドルの場合、男性ファンはアイドルが年を取ると

すぐに「劣化」とかなんとか言って目もくれなくなる、

とか分析した書き込みが印象に残っています。

 

彼女たちの歌や踊りは言っては悪いが

ブロードウェイやバレエやオペラと比べれば子供たちのお遊戯レベル

(比較するレベルが高すぎか?)

 

「素人の女の子たちが頑張る姿がいいんだ」

なんていう人もいたようだけど(著名人の中にも)、

プロっていうのは「頑張る姿」を観客に見せないで、

難しいことを簡単にやって見せることができるから「プロ」っていうんだよ。

 

そういう高いレベルのパフォーマンスを求める目の肥えた観客にとっては、

多人数のアイドルグループもてはやす芸能界の稚拙さは見るに堪えないレベルです。

(だからテレビ離れが進むんだな( 一一)…。)

挙句の果てに、少女たちに「枕営業」を暗に推奨し、

拒んだ人間の被害訴えをもみ消し「卒業」という名で追い出し、

「きれい」だとは思ってなかったけどここまでひどいとは( `ー´)ノ!

 

 と、いうことを書いたのが去年のことでした。

  

ドリフターズどころか「現世」をも卒業しちゃった志村けんさん 

男性グループの場合、アイドルでもお笑いでも、

誰かが抜けたり、解散したりっていうのは、

グループあるいは会社と方針が合わなかったとか、

生きる目標が変わってしまった者がいてその人が抜けるとか、

などのケースが主でそれに対して

あまり「卒業」という言葉を使っているのを聞いたことがありません。

(私がたまたま聞いてないだけかにゃ?)

 

今日の午前中、新型コロナに感染したと伝えらえていた

志村けんさんがこの世を去ったという報道を目にしました。

 

お笑い芸人の中でも別格の存在感のあった方ですが、

あっという間に「現世」から旅立ってしまわれた、

”でも、ドリフターズは卒業した覚えはないよ!

ちょっと早めにあっちに行っちゃうことになったけど

芸を磨きながらいつかみんなが来るのをまってるからね。”

とでもおっしゃっているでしょうか?

(あくまで個人の想像です。)

 

志村けんさんの冥福をお祈りいたします<(_ _)>。