豆柴犬メイ、子宮蓄膿症で緊急手術(後編)

前回はメイが子宮蓄膿症で緊急手術を受け

それが無事終了したところまでお話ししました👇 

mishablnc.hateblo.jp

面会に行ったら…

9月23日は病名診断から手術の決定、

そしてそれの終了の連絡を電話で受ける、

と、怒涛のごとく過ぎ去り、

人間の入院患者と同じく面会もOKとのことなので、

金曜日に会いに行きました。

 

(今はコロナのせいで人間の方が入院中面会お断りなんだよね。)

 

f:id:mishacarrot:20201009163421j:plain

 

「好きなだけいていいですよ」と言われ、

患畜たちが入れられているケージの部屋に通されると、

メイ、ギャン鳴き!

 

なんといいましょうか?

キュ~ンという甘え鳴きと絶叫を足して二で割ったような…。

 

今置かれている自分の状況がストレスフルなんでしょうね。

 

横にも頭の上のケージにも知らないワンコやニャンコがいて、

だから、はやく連れて帰ってよ、とか、

それから、頭につけられているうっとおしいヤツ、

エリザベスカラーのことですが、

それをとってよ、とか、

訴えたいことがいっぱいあるのでしょうね。

 

すまん、今日は会いに来ただけだから(--〆)…。

 

ある程度様子を見て部屋を出ようとすると

さらに鳴き声がヒートアップ(>_<)!

メイとしてはつれて帰ってくれると思っていたのに、

再び置き去りにされて…、

 

なんかあそこまで騒がれて、

自分は「捨てられた」とでも勘違いされているのか?

来ない方がよかったかな(;一_一)、

あと一日の辛抱だったんだし…、と思ってしまいました。

 

術後の様態

翌日の土曜日、再び獣医さんのところに

メイを迎えに行きました。

 

獣医さんの話によると手術が終わってからは

食事もがっつり食べて回復も順調とのことでした。

 

それから摘出した臓器もみせてもらいました。

ネットでも「閲覧注意」と言いたくなるような

患部の写真が多数アップされていますが、

私たちが見た実物は例えるなら、

 

ドイツの白ソーセージが

さらにパンパンに膨らんでかつ生々しい状態でした。

( 好きな人すいませんm(__)m💦)

  

ネットで「子宮蓄膿症」を検索すると、

病状が進行していた場合、手術で患部を取り除いても、

膿や最近が出す毒素で多臓器不全などの状態になることもあるし、

縫ったあとが開いて出血という経験談も出ていました。

 

メイの場合、そこまで深刻な事例ではなく、

散歩に連れて行ってもOK、

抜糸が終わってないのでエリザベスカラーは外せないけど、

それ以外はもう普通でいいとのことでした。

 

実はエリザベスカラーデビューだったメイ

病院を出て元気になって速足で歩くメイ、

帰りの車ではエリザベスカラーのせいで

キャリーケースに入らなかったので、

助手席の私がメイを抱いて抑えることに…、

 

けっこう必死でした💦、

助手席で暴れられ運転手(旦那)に何かしたら、

二人と一匹、別の意味で命にかかわりますから(;゚Д゚)💦。

 

まあ、何とか帰り着いて、

「今日はおとなしくしていようね」と家のケージに入れたのですが、

メイそれでも病院にいた時と同じようにギャン泣き…。

 

鳴きやまないので外に出して、

いつものようにつないだらやっと平常通りになりました。

 

エリザベスカラーの日々

先ほども書きましたが、メイだけでなくわたくしたち飼い主も

ペットにエリザベスカラーをつけさせたのは初めてでした。

 

いろいろと新しい発見がありましたね。

 

まあ、メイがいつもの調子で動くと

エリザベスカラーのふちがガツン(>_<)!

 

散歩のときには犬はよく地面をかぐけど

その時に下の縁がガツン

そしてそのあとにすくうように顔を上げる

そのさまはまるでショベルカー。

 

あと段差がカラーに隠れて見えないのか、

特に玄関のステップなどで、

降りるのはいいのだけど昇るのができなくて、

いつも私が抱えて上に上げていました。

 

あとケージに入るときも、

目測誤って横の縁がガツン(>_<)!

 

食事中のメイです('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20201013150535j:plain

 

 普段はえさを出したら私はすぐに離れるのだけど、

食べにくそうなので、場合によっては手を添えたり、

いろいろしながら見守り。

 

それにしても今までは当たり前だった「完食」が

これほどうれしいとは(●´ω`●)。

 

もういっちょ、ケージ内でのメイ('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20201013150805j:plain

 

 

現在の状態

一週間後、抜糸のため再び獣医さんを訪れ、

手術の後はちゃんとくっついており、

元気な様子から、何も心配は知らないでしょう、

とのお墨付きをいただきました\(^o^)/!

 

皆様にも気にかけていただき、

多数の心配コメントありがとうございました<(_ _)>。

 

ただ、病気は完治したけど手術やその後の点滴のため

お腹や脚に大きなパゲができており、

これが「完治」するのにはけっこう時間がかかるでしょうね(;^ω^)…。