GACKT子犬を譲渡動画で炎上事件について

数日前にGACKTさんが自分の犬を知人に譲って炎上、

と、いう記事の見出しを見て、

なんのこっちゃ?と思っていたのですが、

今日テレビ番組で扱われているのを見て

内容がだいたいわかりました。

 

GACKT自身が五か月間飼っていた子犬を、

ペットロスに陥っている知人の奥さんを元気づけるという理由で

知人に譲る様子を動画に公開。

美談としてご当人はアップしたのかもしれませんが、

思惑とは逆に動画には高評価の四倍もの低評価が尽き炎上。

「自分の子どもを他人に簡単に譲らないのと

同じように犬はモノじゃない」

と、いうのが低評価の理由です。

f:id:mishacarrot:20210218163420j:plain

 

まあ、ちょっとわざわざ動画にアップして

優しい自分をアピールしているような様があざといというか…。

  

この前完結させた虹の橋の物語の最期で

「雨降り地区」の話を書きましたが、

確かにいつまでも悲しむのが

亡くなったペットのためになるとは言えないけど

前の子がいなくなったから別の子って形の

悲しみからの立ち直り方には無理があります。

 

相手が悲しみに暮れているなら、

見守る、寄り添う、共感する、

 

グリーフケアにおいて重要なポイントです。

 

立ち直ってほしいと自身の「エゴ」で思う人って、

結局相手のことを本当に思っているわけではなく、

ネガティブな状態に陥っている人に対して

何もできない「無力」な自分を認めるのが嫌なのですね。

 

それにGACKT、批判意見に対して

「喧嘩売るなら買ってやる」はないな。

 

ちょっと心配な情報として

GACKTはこれまでも私生活を紹介する動画で

様々な種類の子犬などを飼っているのが見られたけど、

その子たちがいつの間にかどこかにいっているとのこと。

 

なんだかね、うがった見方をするならば、

子犬はかわいいしファッションでいろんな犬を飼ってみるけど

大きくなったら子犬の時ほどには可愛くなくなるし、

子犬としてのかわいらしさが失われつつある年齢域、

つまりぶっちゃけいうと「飽きた」時に、

ペットロスの人を慰めるため、という美談にしながら

厄介払いできてラッキーなどと思っていたのではないか?

 

今まで出ている情報だけを推測すると

そういう疑念もわいてきてしまうのですよ、申し訳ないけど。

 

まあ、もし本当にそうならば、

突然「プレゼント」され相手の奥様はさぞ困惑されただろうけど、

子犬の今後を考えるとGACKTに飼われ続けるよりはよかったのかも。

 

虹の橋の物語です('ω')ノ。 

mishablnc.hateblo.jp

 

子犬の譲渡は自分も過去にメイやユズの産んだ子を

乳離れ可能な時まで育てた後ブリーダーさんに託しているので、

いろいろ思うことがあります。

 

生後60日以上たった子犬でないと譲る(売る)のはダメ

ペットショップのような展示販売もだめ、

など海外にある決まりなどに比べれば

日本では本当に人間都合で子犬(子猫)も扱われ、

そこにある程度適応しなければ子犬の行き先を

見つけることもできない現実との折り合いは、

自身も複雑な思いを抱えております。

 

自分の役目は子犬を元気に育てることプラス

社会化期の重要な時に家の中で経験できることは

安全面に配慮できる限りいろいろ経験させ、

そしてできるだけ可愛がって人間好きの犬にする、

ということかな?と思ってはおります。

別れの時には幸せを祈りつつ、ついでに呪いもかける、

呪いは子犬たちに対してじゃないよ、

この子らを万が一不幸にするやつは地獄に落ちろ、

と、いう呪いです。

ポジティブとネガティブ二本立てで念を込めています。

 

f:id:mishacarrot:20210218184053j:plain

旅立ちの前👆👇

f:id:mishacarrot:20210218184131j:plain