昭和ネコ令和を歩く

ある時は人目線、またある時は猫目線

下の立場の人間をディすって傷つけても「愛情」で済ましていた昭和の頃

高校の頃の話ですが、

犬を飼っている友達をうらやましがったのですが、

その子は「いや、うちのはしつけても覚えないばか犬」

と、言ったのでびっくりした記憶があります。

 

覚えが悪かろうと何だろうと可愛いでしょ⁉

 

今ならしつけて覚えないのは飼い主が悪い!とも思う!

 

ただ、その子にしたら謙遜のつもりでだったかもしれない、

私たちが子供の頃は身内は謙遜してこき下ろすのが

デフォだったから飼っている犬のこともそう言ったのかも?

 

その子の親が、子(つまりその子)にしていることを

犬に対してやっていたのかも?

 

あと可愛がっているのは家族のだれかで、

その子はそこまで犬に対して思い入れがなかったとか?

 

いくら謙遜してけなすのが当たり前と言っても、

たとえば自分の飼っているワンニャンをけなす言葉なんて

たとえば「バ〇」とか「覚えが悪い」とか、

 私は口に出すことも思い浮かばないのですが…。

 

 

ただ、かつて実母が私の子供のころから

絶え間なく言い続けてきた否定的な発言、

それを心の中に引き寄せればできなくもないですね。

 

例えばメイに対して、

「ほんまにこの子は引っ込み思案で陰気臭くて、

もっとユズのように人懐っこく積極的にしてほしいわ!」

f:id:mishacarrot:20210419180055p:plain

言われたことに傷つきメイの心に雨が降る;つД`)。

 

いやいや、メイはめったに吠えない大人しい気性で

ユズは積極的に人に遊んでもらおうと迫るタイプなのですが、

そういう時も後ろで見ているような子なのです。

気持ちが優しすぎるのかもしれません。

 

逆にユズに対しこういう言い方もできます。

「この子はいつもギャンギャンやかましくて

どんだけ我が強いねん、根がわがままやからな<(`^´)>!」

 

涙の画像加工はけっこうもたついて疲れたので

ユズはなし、メイだけで打ち止めです💦。

 

代わりに楽しい画像張っておこう('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20201028172422j:plain

 

ユズは確かによく吠えるので手を焼くのは確かですが、

他所の人にどんどん行くので可愛がられやすいタイプです。

 

前回の記事で犬は成長すると人間のような

親子とかきょうだいとかいう感覚がなくなる、

と書きました👇

mishablnc.hateblo.jp

 

だから自分としてはメイを長女、ユズを次女、として見ています。

そして典型的にそのタイプに当てはまる子たちでもあります。

 

その性質の違いも実母が私に言った暴言を再現しながら

表現するとこうなってしまうのですね(-_-;)…。

 

世の中には存在するすべての人間に対してなのか?

あるいは特定の人間を標的にしてなのか?

それも人それぞれかもしれないけど、

 一つのコインの裏表みたいな人の性質を

悪い方の解釈をしてあげつらう人がいます。

 

それが実親の場合、

子供のことを想って言ってやっているのだ!と、

強弁し自分が相手を傷つけてきたことすら気づいていない、

私はその実母の物言いに何度も苦情を言い立てましたが

そのたびに言い訳を繰り返しながら、

傷つけ続けられてきたからそれを告げた私の方を加害者みたいに言って

自分は不当に傷つけれらた「被害者」みたいな顔をしました。

 

それは何度告げても決して治りませんでした。

 

あの世代は治らないのかね?

 

ほぼ音信不通だから実害を被ることはなくなったけど、

メディアの芸能蘭や社会蘭で似たようなタイプの高齢者や、

現役世代でも傷ついている側の痛みに

無頓着な言動を聞くとうつうつとしてくる、

 

いや、うつうつとしてるのはしんどいから

怒りをどこかで何らかの形で表明してみる、

怒りとは悲しみの二次感情ですからね;つД`)💦。

 

最期の〆に、 

f:id:mishacarrot:20210419183448j:plain

僕のこと忘れてませんか?僕は何ニャンなのですか?(マオ)

 

う~ん、君は犬の姉と妹に囲まれて

黒猫チビの姐さんにもかわいがられて、

典型的な中間子の自由人、

男の子は君だけだから長ニャンではあるけど(;^ω^)…。