5月1日はスズランの日

本日5月1日は「スズランの日」です。

 

うちの庭にあるスズランの画像を張っておきます('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210501155541j:plain

 

「スズランの日」というのはフランス発祥です。

フランス語でスズランのことを”Muguet"というので、

別名「ミュゲの日」とも言われています。

 

16世紀にフランスのシャルル9世が

宮中のご婦人たちにスズランを贈ったのが始まりです。

 

スズランの花言葉は「純粋」「幸福が訪れる」

 

日本語では「君影草」「谷間の姫百合」

 

湿り気のある土壌と日陰を好む多年草

うちでも庭の北側の一角に植えっぱなしにして置いたら

あのような群生地になってしまいました。

 

現在観賞用として出回っているのはドイツスズランで、

色は普通白ですが、ピンクの品種もあります。

 

うちにもありますよ。

f:id:mishacarrot:20210501160839j:plain

わかりますか、色の違いが('ω')ノ。

 

f:id:mishacarrot:20210501170338j:plain

縦長の画像も('ω')ノ。

白とピンクの花の苗が隣り合っていますね。

 

白のスズランは前の家でも地植えにしていて、

それを今の家に移植すると同時に、

たまたま園芸店で見かけたピンクスズランの苗も

混植したらこうなったのですね。

 

スズランは見た目、純真可憐な乙女を想像させる花ですが

花・茎・葉すべての毒があります。

行者ニンニクと間違えて食べ中毒死した方がいます。

 

また切り花にしていけている場合も注意が必要!

 

子どもがスズランを活けたコップの水を

間違えて飲んで死亡した事例もあるのです。

 

フランスでは本日スズランの花束を

親しい人に贈る習慣があるのですが、

活ける時ちゃんと注意しているのかな?

まあ、向こうのほうが本場だから

注意するだけの知恵はおそらくあるのでしょう。

 

毒があるせいでスズランには虫がそんなにつきません。

庭に日陰のスペースがあり虫が苦手な方は

スズランの地植えは手間いらずでいいですよ。

 

ついでに言うと猫も寄り付きません。

f:id:mishacarrot:20210501172109j:plain
f:id:mishacarrot:20210501172046j:plain

右がカモミールの中にずんずん入っていくマオ。

左がタイムのそばでくつろいでいるマオ。

 

ハーブ群には近づいて茎や花の先端にスリスリするマオが

スズランに対しては完全スルーです。

毒草だってわかっているのかな?

 

恐るべし猫の本能\(◎o◎)/!

 

スズランと一緒に写すことはできそうにないので、

こんな風に画像加工してみました('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210501172621j:plain

皆で踊ろう(FROMニャンズ(虹の谷の住人含む))

 

ではまた(^^♪。