ニューノーマルな旅行の形 ~バーチャルツアー~

今週のお題「おうち時間2021」

 

コロナ禍での自粛要請もなんのその、

って感じの人出だそうですが、まあ、そうなるよね( ̄▽ ̄;)…。

 

ゴールデンウイークは緑萌ゆ絶好の行楽シーズン。

 

うちらの地域は観光地になってもいるので、

新型コロナの件がある以前からGWの時期には、

住民たちは交通の混雑を避けるため、

自分たちが別の場所に旅行に行きそこから「逃げる」か、

食料品など買いこんで完全に家に「引きこもる」か、

このどちらかである、と言われていました。

 

引きこもるって言っても田舎ですからね。

ほとんどの家が庭もあるので、

緑のお手入れ、むしろやることいっぱい、

そういえば今日の祝日は「みどりの日」でしたね。

 

要請を守らない奴に「罰則」与えろ、

なんて物騒なこと言う旦那でさえGWの人出の報道に

おれらは家にいても庭とかやることあるけど、

都会にいて休みの間中することもなく、

ずっと家にいろったって無理な話だよな、と。

 

まあ、そんな感じでつらつらとテレビを見ていると、

ここのところ「バーチャルツアー」なるものの

紹介を何度か目にいたしました。

f:id:mishacarrot:20210504144143p:plain

 

コロナ禍で収入の落ちた旅行会社の企画ですが、

ネット上で世界のあらゆる場所にガイド付きで

案内してくれるものです。

 

う~ん(@_@)?

ガイド付きとはいえ、ただ映像で案内してくれるだけなら

NHKの紀行番組とか岩合さんの猫番組とか

民放の「世界ふしぎ発見」とか「世界遺産」とかでも

楽しめるんですけど、なんか微妙~(´-ω-`)~。

 

テレビ番組とは違うさらに詳しい独自の切り口とか、

あるいはガイド自身に人気が出てくるとかになれば、

数千円で申し込めるのでそれなりに需要は出そうです。

 

ただこの旅行のやり方って、

さらに技術が発展してきた近未来なら

旅行の主流になる可能性はありますね。

 

画像だけでなくバーチャルリアリティ

音やにおい、何かに触れた時の触感までも再現できていたら、

移動にかかる手間や時間はなくなるし、

移動におけるエネルギーも使わずに済むようになるから、

脱炭素を目指すこれからの世界にとっても

都合がよろしいのでは、と、想像するのです。

 

とりあえず私の今年のGWは庭仕事及び

家事、ビデオ鑑賞、読書、ブログ書きなどなど。

 コロナ禍でなくても変わりません。

 

f:id:mishacarrot:20210504145014j:plain

僕は明日、ねこ森町のイベントにお出かけだけどね(マオ)

 

そうでした、ねこ森町で端午の節句のイベントがあるそうです 

nyan-chuke.hatenablog.com

 

 下僕もバーチャル参加したい(●´ω`●)!

 

f:id:mishacarrot:20210504145805j:plain

僕が留守の間、下僕の相手を頼む、と、マオに頼まれたのは

ジャーマンアイリスをバックにたたずむ黒豆柴のユズ。

 

それにしても紹介する画像がそろいもそろって、

雑草ぼうぼうなのがまるわかりで恥ずかしい(>_<)!

 

更新終えたら庭仕事です、ではまた(^^♪。