新作歌舞伎も興味深かった『風の谷のナウシカ』

今週のお題「一気読みした漫画」

 

ありすぎて一つに絞れません。

 

基本的に連載中でなければ、

面白いマンガは一気読みがデフォでしょ。

時間とお金が許すなら、という条件付きですが( ̄▽ ̄;)…。

 

お金については古いマンガなら

ブックオフのような古本屋で全巻セット探してもいいし、

往年の名作なら図書館で目にすることもあります。

 

しかも「愛蔵版」のハードカバーで揃えられているのもあって、

老眼が進み始めたオーバーフィフティにはありがたい限り。

 

うちらのところのような田舎の図書館でも

ゲゲゲの鬼太郎』(水木しげる

ファラオの墓』(竹宮恵子

ベルサイユのばら』(池田理代子

『SWAN』(有吉京子

などなど。

 

少女漫画が多いのはブログ主のバイアスのせいです。

少年漫画のジャンルもすぐには思い出せないけど

いろいろあったと思います。

 

つい最近まとめて借りて一気読みしたのが、

風の谷のナウシカ』全七巻。

 

映画でよく知られている

主人公のナウシカが暴走する王蟲を止め、

青き衣にて黄金の野にたつシーンは二巻までのエピソードで

そこからまだ続きがあるのです。

 

それを知ったのが今年初め

NHKにて「風の谷のナウシカ」全巻を描いた

新作歌舞伎が放送されたからなんですよね。

昼夜二部の6時間公演で、

歌舞伎の演出の形も活かした興味深い作品に仕上がっていました。

 

f:id:mishacarrot:20210628171505j:plain

 

視聴する前には予備知識として

全巻通したストーリーもWikiで調べました。

 

その後図書館に全巻そろっているのを知って

借りてよんだのですね。

全巻読むと映画で抱いていたイメージがだいぶ変わります。

 

特に変わったのが、映画では、

とつぜん風の谷にやってきて軍事協力を強要し、

巨神兵の復活をもくろんだクシャナ殿下。

映画だけなら敵役っぽかったけど、

全巻通してみるとナウシカと並ぶもう一人のヒロイン。

 

兵士たちからの人望は高いが、

三人の無能な兄王子と父王から疎まれています。

 

映画ではトルメキアに滅ぼされたアスベルの国が

王蟲を暴走させてトルメキア軍を滅ぼそうとした、

と、なっていましたが、

原作では土鬼という敵の大国のはかりごとであり、

父王たちはそれを知っていながら

クシャナを戦死させるために情報を知らせず派遣した、

と、なっております。

 

その後、内も外も敵しかいないクシャナは、

ある時はナウシカとともに、ある時はわかれて、

世界を滅ぼしかねない土鬼の「作戦」を阻んでいきます。

 

エヴァンゲリオンの作者の廣野氏は、

クシャナを主人公にしたアニメを作りたいと申しでたけど

宮崎氏は「くだらない」と一蹴したとか。

私も見て見たかったけどな。

 

f:id:mishacarrot:20210628174732j:plain
f:id:mishacarrot:20210628174742j:plain

クシャナ殿下のイメージって

のちのジブリ映画の「もののけ姫」のエボシ御前に

引き継がれている感じがしますね。

 

容姿端麗、クールで男勝り、

クシャナは部下の兵士やトルメキアの民

エボシは売られた娘や病人など、

弱い立場の者にめちゃくちゃ優しい。

 

ヒロインに対峙する立ち位置ながら

人間的に奥行きのある人物です。

 

ナウシカによるクシャナ評として

「深く傷ついているが、本当は心の広い、大きな翼をもつ優しい鳥」

と、ありましたね。

 

〆はこちらで('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210628181408j:plain

その者青き衣を…、ナウシカごっこしているマオです💦。

 

ではまた(^^♪。