今日は虹の日 ~虹にまつわるよもやま話~

今日は「虹の日」です。そのこころは?

 

716(ナナイロ)、

これまた語呂合わせなのですね。

 

虹が映っている写真ないかな?

と、さがしたところ三十年以上の写真ですが、

ナイアガラの滝です('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210716162834j:plain

 

虹は日本古代では不吉なものととらえられていました。

 

巨大な蛇とか龍とか、

あの世につながる橋だとか、

その考えは今でも「虹の橋のたもと」の詩にも

あるけど変わってないじゃん。

 

イザナミイザナギが地上に降りてくるのに

使ったのも虹の橋との伝承もあります。

 

この世のものではない場所をどうとらえるかで

虹が不吉になったり素敵なものになったり

するのではないでしょうか。

 

 

 

インドではインドラ神が放つ弓。

 

ギリシャ神話ではイリス(アイリス)という虹の女神がいて

ヘラの伝令役を請け負っていたりしています。

 

目から入る光を調節する光彩のこともアイリスといい、

アヤメ科の植物のこともアイリスと言います。

 

うちの庭のアイリスと豆柴ユズ('ω')ノ

f:id:mishacarrot:20210716164823j:plain

 

「アイリス」というのは光のマジックで

多彩な色が混じっているものが

そう表現されているのですね。

 

虹の色の数は国によって違っていて、

ドイツが5色、アメリカが6色、

暖色と寒色の2色だけに分けている地域もあります。

 

ニュートンが唱えた「虹は七色」という説を

日本は採用しております。

 

なぜ7色かというと音階の「ドレミファソラシ♪」に

対応させるためだったとか。

 

日本人の心理から言えば

七福神とか七はおめでたい色だったから

受け入れやすかったのでしょうね。

 

色と色との間がくっきり分かれているわけではなく

グラデーションになっていますから、

いくつの色に分かれているか?というのは、

その国の言語の色を表す語彙の多さにもよるでしょう。

 

f:id:mishacarrot:20210716170325j:plain

おひさしぶりです、虹の橋のたもとの画像です(。・ω・。)ノ♡。

 

 久々に虹の橋のことを思い出しました('ω')ノ。

mishablnc.hateblo.jp

 

ではまた(^^♪。