昭和ネコ令和を歩く

ある時は人目線、またある時は猫目線

勝手にスピンオフ ~マオ空白の四日間(前編)~

2013年生まれのマオは

正確な誕生日はわからないが今年の秋で8歳。

人間でいうと四十代後半、立派なおっさんです。

 

そんなマオについて、小さい頃はワルかった!

と、いう記事をまとめたことがあります('ω')ノ。

mishablnc.hateblo.jp 

その中に四日間の無断外泊のエピソードがあります。

それが7年余りの時を経て

「実はこういうことだったのではないか⁈」

と、いう話が私の脳内に直接インスパイア―されました。

信じるも信じないもあなた次第です。

 

 

図られていたエンカウント

「もうすぐここを人間が通る、

そうしたら大きな声で鳴くんだよ。

ぼくたちは少し離れたところで見ているからね。」

 

NNN、通称、ねこねこネットワーク、

優良下僕の発掘と調査、

そして猫とのコーディネイトを引き受ける組織。

 

そのエージェントが一匹の子猫に語りかける。

「その人間は猫とは違う動物を連れて歩いてくる、

凶暴性はないから怖がらなくていいからね。」

母猫から引き離されていた子猫が

頼れるのはこのエージェントしかいなかった。

 

勇気を出していくんだ!

 

エージェントが目を付けた人間は飼い犬の散歩の途中だったが、

子猫を抱き上げ家に連れ帰った。

f:id:mishacarrot:20210823204502j:plain

 

里帰りでエンカウント

子猫は人間たる下僕によってマオと名付けられた。

その家には子猫以外にも複数の猫がいた、

それらの猫と同じように家の外にでようとすると、

下僕が妨害し夜はケージという檻の中に閉じ込められ、

少々不自由な思いをしていた。

 

ある日のこと、隙を見つけてマオは外へと飛び出し、

そしてあるトンネルを見つけそこをくぐった、

たどり着いたのはねこ森町であった。

 

子猫のマオがねこ森町のすべてを知っていたわけではない、

だが、そこに漂う空気のにおいで何となくわかった。

 

そしてさらに周囲を見渡すと彼の面倒を見てくれていた

懐かしいエージェント〇が歩いているではないか!

「〇さ~ん!、お久しぶりです!」

大きな声で呼びかけた。しかしエージェント〇は答えなかった。

「聞こえなかったのかな?」

マオはエージェント〇に近づこうと走り寄った。

エージェント〇は今しも異次元トンネルで

どこかへ出かける途中だった。

マオは後先考えず、

エージェント〇がくぐったトンネルに飛び込んでいったのだった。

 

衝撃的なエンカウント

エージェント〇の背中を確認しながらマオはトンネルをくぐった。

長いトンネルだった。

 

下僕の家からねこ森町へ行くのの何倍もの時間をかけ

マオはエージェント〇の背中を追った。

  

f:id:mishacarrot:20210823214036j:plain

 

そして長いトンネルと抜けたその先の

大きな窓には青く輝くちきう玉、そして宇宙空間があった。 

 

 ☆おまけ~最近のマオ~☆

f:id:mishacarrot:20210825191836j:plain

マオさんってば、一体どこへ行っていたのでしょうかね?

 

スピンオフですからNNNにかかわるエピソードをいかしたお話です。

続きはまた後日にて(^^♪。