がんばることの光と影

今週のお題「サボる」

 

 

「サボる」の語源

サボというフランス発祥のサンダルがあります。

もとはかかとのない農民用の木靴で、

もちろんかかとがある靴に比べると

速く歩いたりすることができず、

そのため農民が仕事を怠けるために

そんな靴を履いているのだろう、

と、勘繰られていたのです。

 

そして時代は進み産業革命から、

労働者や植民地への搾取があまりにもひどいので

ブームになった「共産主義革命」。

 

その中の労働争議のための行為として

団結してストライキなど行うことを、

このフランス原産の靴サボが語源の

サボタージュ」という語が生まれ、

それが日本語化して「サボる」という語になったのです。

 

f:id:mishacarrot:20210831172110j:plain

『ワンピース』主人公の義兄サボ、

革命軍のナンバー2、

名前の由来は、作者が歴史をよく知っている方っぽいから

たぶんそうなんでしょうね。

 

「頑張る」ことの影

サボるの反対語ってなんでしょう?

「一生懸命」とか、「がんばる」とか、かな。

昔は(今も)働きアリなんて呼ばれた日本人は

「サボる」ということに罪悪感を抱きがち。

 

でもがんばりすぎるとウツの危険性のほかに、

「がんばらない」人への無意識の反感が強くなる、

また自分が「がんばっている」現実に対して

思う通りに動いてくれない周囲の人への当たりがきつくなる。

自分が「がんばる」ことを控え、

ほどほどにしようと心がけるその根底には、

(自分では)「一生懸命」家事や子育てをやった(つもりの)、

母が常に八つ当たり要因として

私に当たってきたことも原因なのだから。

 

「がんばって」いる人というのは往々にして

がんばらない人間に対して厳しい<`ヘ´>。

がんばって「仕事」しているけど、

対価として得られるものに不満はある、

でも我慢してるから、がんばらないで、

生活保護を受けたり(しているように見える)、

ホームレスになったり(しているように見える)、

だから、やつらは「いらない」( `ー´)ノ!

 

これは「仕事」を「勉強」や「部活」や

あるいは「自粛」に変えてもはまるでしょう。

 

好きなことに「がんばる」場合には、

影はそんなに深刻にはならないけど、

周囲の状況に押されてとか、

本心ではそれをやりたくないのに

がんばらざるを得ない場合ほど影は深刻になる、

人生やりたくないことを全て避けるわけには

いかないだろうからそこは難しいのですけどね。

 

以前アップしたメンタリストの記事です👇。

mishablnc.hateblo.jp

 

ホームレスの命要らない発言の後、非難を浴びましたが、

彼の言うことに共感する人も一定数いるようで、

諸外国はどうかわからないけど、

日本の「がんばる」ことの影は深刻なようです。

 

☆本日の癒し~サボりのプロ?~☆

へそ天画像連撃('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210901183647j:plain

 

f:id:mishacarrot:20210901183714j:plain

ソイヤッ!

サボっているように見えても

一生懸命生きているのです(マオ)。