小さな生き物が巻き起こす恐怖と猫たちの攻防

以前、えびね(id:daidaiebine)さんが

真夜中にムカデに顔をはわれたという恐怖体験を

記事にしておられました('ω')ノ。

www.daidaiebine.com

それほどではないけど

うちも二度ほどムカデと遭遇したことがあります。

 

ムカデは噛まれると激痛が走ります。

肉食系でゴキブリなども好物で、

夜行性で昼間は落ち葉の中などに潜んでいる、

隙間からいつの間にか入り込まれたのでしょうね。

 

一回目は二階の寝室、叩き潰したのち

ティッシュに何重にもくるんで捨てました。

 

二回目は台所ですが、もたくさしている間に

どこかへ入り込まれてしまい、

かなりあちこちの引き出しなど開けて

調べたのですが見当たらず、

これはしばらくの間うっかり遭遇して

噛まれないよう注意しなきゃなと思った翌朝、

リビングに細長く白い物体が転がっていました。

 

仰向けで絶命しているムカデでした。

 

首謀者はこの子しかいないでしょう('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210913180514j:plain

ありがたかったのは確かなのですが、

噛まれずすんでよかった、

と、冷や汗も書きました( ̄▽ ̄;)💦。

 

いついかなる時でも

ニャンズの狩猟本能は発動するようですね。

 

こういうのに入られたこともあります👇。

f:id:mishacarrot:20210913180845j:plain

イモリ?ヤモリ?トカゲ?

 

厳密にいうと、

イモリ(井守)は両生類で

ヤモリ(家守)は爬虫類でトカゲの一種。

 

家の二階にまで入り込んでいたのだから

多分爬虫類のヤモリの方でしょう。

 

マオが部屋の端で背中丸めて狙っていたのですが

危険生物ではないので捕獲して外に逃がしました。

 

ちなみにイモリもヤモリも、そしてムカデも

家に入り込まれるのは縁起的に良いのだそうです。

 

ムカデは毒があるから退治せざるを得なかったけど。

 

 

最後に何年も前の話ですが、

もっともビビった爬虫類との遭遇体験を

お話いたします。

 

ある朝、リビングの電動シャッターが

何かが引っ掛かって上がらない、

手動で押してあげようとしたところ、

頭の上からヘビが落ちてきました(;゚Д゚)!

 

いや~、まじでビビった\(゜ロ\)(/ロ゜)/!

 

そのヘビですがエアコンの室外機の上に着地、

それをマオが部屋の中からガラス越しに、

さらに庭にいたチビや他のニャンズも

室外機の周りに集合しとぐろを巻いたヘビをガン見。

 

やめて~、下手に手出ししないで~!

模様から見て毒はなさそうだけど、

ヘビのザンサツシタイなんて見たくないよ~!

と、心の中で叫びながらその場を離れる…、

しばらくして戻ってみたら

ヘビの姿はなかったのですけどね、

どこかに逃げおおせたと信じたい(;一_一)…。

 

小さいけど怖い生き物たちと、

それにひるまず狩猟本能を発揮するニャンズ。

時々かんべんして、と、思うこともありますがね…。

 

f:id:mishacarrot:20210913190449j:plain

椅子の上から背伸びするマオ、

上にかかっている小さな犬のマスコットに注目。

 

f:id:mishacarrot:20210913190610j:plain

ていっ、ていっ!

狩りの訓練に余念がないのでした。

 

ではまた(^^♪。