昭和ネコ令和を歩く

ある時は人目線、またある時は猫目線

ママスタ漫画に感想と要望をおくっておきました。【地域を仕切るボス猿被害の話】

以前いくつか紹介したママスタ漫画👇。

mishablnc.hateblo.jp

謎の「未開」の母乳信仰

今回は日本のどこかにあるかもしれない、

「未開の原住民」と出産を控えた妊婦さんが

たもとを分かつ話です('ω')ノ。

select.mamastar.jp

その地域の人間関係を取り仕切っているAさんの

科学的根拠不明の母乳信仰のせいで、

粉ミルクすら買いにくい状況の

現在妊娠中の主人公のマナミさんは

通販で哺乳瓶と粉ミルクを買いました。

 

しかしAさんは物流会社に勤めていて

マナミさんの購入した荷物の内容を

彼女の義母に知らせて注意をし、

義母がマナミさんの家に怒鳴り込んできます。

旦那に訴えても話にならず

マナミさんは実家に帰ることに。

 

旦那は迎えに来た時に言い訳をし、

マナミさんに譲歩を促しますが、

物流会社に勤めるAさんの情報漏洩を

マナミさんの父が指摘します。

「個人情報の件についてはおおごとにするまいと思っていたが…、そちらが開き直るなら話は別だ。本社に報告したらご友人は当然クビだろうね」(マナミ父)

やっとあわてる旦那、

っていうか個人情報を平気で漏らすような

人間の言うことを間違っていても

受け入れるべきというコミュニティー

おかしいと思わない旦那や義母の

異常さにもアゼンボーゼン(;゚Д゚)…!

 

結果マナミさんのあの町へは帰りたくないという

意思が通り引っ越しする運びになります。

 

このストーリーにはちょっと思うところもあり

編集部にメール送ったその内容を合わせて

お話していきましょう。

 

大切なものを見失った自業自得

太字の部分が送ったメール内容抜粋です

「母乳信仰に追い詰められ」の義母さんと

おそらく同じ年齢域の50代の主婦です。

それにしてもいったいどこの未開の島ですか?

「私は大切なものをなくしてしまいました」なんて、

落胆する気持ちはわからなくないけど、

まるで自分が悲劇の主人公面している

義母にはもやっと来ます。

そんなに大切ならそっちを守ることを

優先すればいいだけの話でしょう。


仕切る能力があるのかなんか知らないけど、

気に入らないものを村八分にし、

客の個人情報をも平気で漏らすような

職業倫理さえおろそかにするような

ボス猿(Aさんのこと)の機嫌がそんなに大事か?

と、言いたくなります。

 

そもそも私は子供のころから、

人のうわさ話などで盛り上がる女子の集団の中で、

どうふるまえばいいのかがさっぱりわからず、

それゆえ面白みがないのか、

いじめじゃなくてもいつの間にはハブられて

みんなが知っていることを自分だけ知らないなんて

事態はしょっちゅうでした。

 

そういう性格のまま年を重ねて今にいたったので

このストーリーの義母さんについては

いい年こいていまだにこんな精神状態のお前が悪い!

としか思えないのですよね。

 

そもそもAさんというのがどれだけの実力者か?

と、思いきや奥さま連中のなかで

幅を利かせているだけの人のようです。

 

Aさんにも制裁与えなきゃ!

そしてこの漫画でもやっとするのは

問題のボス猿がノーダメージなことです。


実話をもとにしていらっしゃるので

なかなか難しいとは思いますが、

今後はこの手のタイプの

ボス猿の所業に対抗する手段、

あるいはそのボス猿に

何らかのダメージを負わせる手段、

を、法的な措置も含めて積極的に言及、

さらに読む人の役に立つ読み物に

していっていただきたいと期待しております。

 

希望に満ちて田舎に移住したのに

村八分にあったとかいう話はよく聞く話ですし、

ストーリーの中にあったボス猿のような人間が

幅を利かすコミュニティというのは、

田舎だけでなく都会の中でも

どんな場所に点在しているのかわかりません。

運悪く自分がそこに住む羽目に

なってしまうかもしれないのですから。

 

今回は「母乳信仰カルト教団」的な話でした。

 

しかし、日本国内のそこかしこに、

狭い人間関係の中でのみ力を発揮するのがうまく、

だが知識や常識はアップデートできていないボス猿が

コミュニティを仕切る「未開」の地は

まだ存在している可能性はあるのだから

自衛のためにも対抗手段を

脳内フォルダーに入れておくのは

損ではないでしょう。

いい情報が仕入れられることに期待です。

 

 

対抗脳内シュミレーション

あと自分がストーリーの中の

義母さんだったとしたら、この話の後に

「息子は遠くに引っ越してしまったけど、

優しい子だから私のことを心配してくれましたね。

もしAさんが母さんのことを

虐めたり村八分にしたりするようなことがあれば、

Aさんが荷物の中身をばらしたことを

本社に言ってクビにさせてやるから、

何かあったら教えてね、だって。

Aさんが私にそんなことするわけないのにね、

息子ったら取りこし苦労しちゃって。」


なんて無邪気な感じでAさんに話し

ビビらすってアイデアもあるのですけどね

 

そんなアイデアすら思い浮かばないからこそ、

Aさんの機嫌を損ねてはいけない、で、

思考停止しているのでしょうが…。

 

☆本日の癒し~孤高のネコ~☆

f:id:mishacarrot:20211024185358p:plain

やっぱり猫はええなあ(。・ω・。)ノ♡。

 

自分の意思を徹底的に尊重するけど、

周囲の者への愛情にも満ちあふれているから。

 

ではまた(^^♪