昭和ネコ令和を歩く

ある時は人目線、またある時は猫目線

給付金でまたもや外されたことで長女魂すら爆発寸前です

 

f:id:mishacarrot:20211122180241j:plain

あざとい選挙活動

公明党が「元凶」の今回の18歳以下、

世帯合算ではない960万円以下対象の給付金。

 

選挙前にお金配りますよ、と、

美味しい話を打ち出すため、でも、

不公平感満載だった給付金。

 

実際公明党の某宗教団体の方が家まで来て

マイナポイントもあたかもすでに持っている人にも

無条件でポイント新たにもらえるようなことを

語っていました、結局ウソだったけどね。

 

(それ目当てで投票なんかしてないけど、

そんなあざとい選挙運動をしてたよってことで)

 

いつも無視されている者の気持ち

新型コロナの件以来、

補助金だの給付金だの言われているけど、

その線引きでいつも外される人の気持ちを

考えたことがあるのですかね。

 

子どもには恵まれなかったから

普段だって「児童手当」とか政府から支給される

様々なお金を受け取ったことはない、

まあ、それでもいいや(´-ω-`)、と、

 

一度集められた税金が必要なところに

分配されること自体いいや、と、

考えてはいたのです(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

 

ただこのコロナ禍の異常事態においても

そうやって線引きされて無視されるってことには、

もういい加減にしてほしいって感じてしまいます。

 

いつも公的資金からの補助の対象外になっても

それなりに生きてはいけるし、

もっと困っている人にお金を使っても

納得はできていた、でも、

この事態においてはこっちだって、

いろいろこらえているものはあるし、

一部の富裕層と違って

楽して生きてるわけじゃないのだから、

とりあえず全員対象にして

給付金を配ることくらいできないの?

 

長女でももう我慢できませんから

ああ、また他の者にはそうやって

助けたりサポートしたりするくせに、

こっちは無視して黙って耐えることを強要される、

ってところが「長女」が直面しやすい「理不尽さ」に

私的には通じるところがあるのですよね。

 

きょうだいの生まれ順の話で言うと

鬼滅の刃』の竈門炭治郎の、

「俺は長男だから我慢できたけど、

次男だったら我慢できなかった。

と、怪我をおして戦っている時のセリフ。

 

大正という家や後継ぎという制度が

がっちりと固まっていた時代ならではだけど、

生まれ順による性格判断は今でも生きているし、

自分的に心ならずも当たっている部分もあります。

 

昨今話題の性格判断は性別をはぶいて

  • 最初に生まれた「長子」
  • 真ん中に生まれた「中間子」
  • 最後に生まれた「末子」
  • きょうだいのいない「一人っ子」

の四分割です。

 

炭治郎の場合は「長子」で「長男」

禰豆子は「長女」だけど「中間子」に当たります。

大正こそこそうわさ話では

「長女だけど辛い事があったら我慢せずに言ってくれ。」

って、言ってくれる炭治郎兄がいるのですね。

 

そもそもこのきょうだいの生まれ順による性格って

親や周囲の人間の対応によって

形成されるたぐいのものです。

 

ちなみにうちの場合、親はこれでも👇

「公平」に扱ってきた「つもり」らしい…?

mishablnc.hateblo.jp

 

全員給付じゃなければずっと恨んでやる!

この期に及んでも助ける「給付」の対象から外された

人々の不公平感を、私自身は

「毒家族」に「長子」として生まれて

「理不尽」を常に飲み込まされていた時の感情が

自然にリンクしちゃったわけです。

 

「長女」の忍耐強さと、それでも

臨界点超えた時の怒りと恨みの深さ

舐めるんじゃねえぞ!

 

うちなんてただ恵まれなかっただけなのに、

森喜朗のような政治家には

「好き勝手生きていた者を年金で面倒見るのは疑問」

とか、言われてきたわけだしね。

(こういうこと言い続けてきた政治家なんだけど、

五輪前の「失言」を「切り取り」と、

しつこくかばう著名人もいたわけだし…。)

 

☆本日の癒し~うちの長女・長男・次女~☆

f:id:mishacarrot:20211122192226j:plain

「長女」で「長子」にあたるメイ。

 

f:id:mishacarrot:20211122192255j:plain

「長男」で「中間子」に当たるマオ。

 

f:id:mishacarrot:20211122192322j:plain

「次女」で「末子」のユズ。

 

(作注ーメイとユズは母子だけど、

人間から見た立ち位置がそうなるということです。)

 

ではまた(^^♪