昭和ネコ令和を歩く

~Show a Cat walk in 00~

子どもの頃に読み「なんじゃこりゃ!」って思った本

今回は子供の頃に読んで???

となった本の内容をお話いたします。

 

字がある程度読めるようになると、

家にある活字は何でも手に取って読んでいました。

f:id:mishacarrot:20220131212251j:plain

(いらすとやより)

 

それで内容だけ記憶に残っていて、

その書籍が雑誌だったか?文庫だったか?

はたまたハードカバーの書籍だったか?

 

もちろん作者もタイトル名も覚えていません。

なにせ四十年ほど前の話ですから。

(多分人生の心得か何かを記した書物だとは思う)

 

内容だけはいまだに忘れずモヤッとしている話です。

 

A子さんは会社の中で上司がなぜか、

他の人には怒らないことを自分に対してだけは怒ってくるのに、

嫌気がさして考えた末、辞表を提出しました。

すると上司はがっかりしたような顔をして

「君はいつも素直に、はい、と答えるから怒りやすかったんだ。

最近の女子は怒るとすぎに不貞腐れる子が多いからね。

君に言っていると同時に他の人にも言い聞かせていたのだが…。」

A子さん、上司の本当の気持ちを知り、

軽率に辞表を提出したのを後悔しました。

でも、後の祭り。

 

なんじゃ、こりゃぁ!

 

ふてくされるからね、っていうけど、

ふてくされても指導するべきところは

本人に指導しなきゃ( `ー´)ノ!

 

そういう人が他人が怒られているのを

見たってなおるわけないじゃん。

 

むしろ同じことをやっても自分は怒られない、ラッキー!

A子と違って私は要領いいのよね。

って思うのが関の山 ┐(´д`)┌ヤレヤレ。

 

上司だってうすうすそれはわかっているよね。

それで反省しないでふてくされる女子社員がいたところで

ある程度の年齢になれば寿退社してくれる時代だったし、

会社に問題が起きるわけじゃないからOKだったのでしょう。

 

指導力にとぼしく他人に嫌われたくもないから

反撃しそうにない者をターゲットにして

見せしめにしてきたずるい上司の「本音」を察し、

怒られ役に徹しないで退散したA子さんが

愚かであるかのような人生指南!

 

上に立つ者(親、上司、教師などなど)の言うことを

とにかく「素直」に受け止めるのが一番だ、

というのがコンセプトだったような気がしますが、それを、

 

なんじゃ、こりゃぁ!

 

って、子ども心に思いました。

 

 

自分ってつくづく昭和生まれのくせに

昭和時代にはびこっていた価値観がきらいだったんだな。

生きづらい道を歩んできたことに涙がでる(´;ω;`)ウゥゥ。

 

上記の話を「素直に」受け入れない姿勢を示そうものなら、

なんてガッカリな心性を持った子だろう!

というふうに扱われるのは子供心に察していましたから…。

 

今だったら

パワハラで訴えたほうがいいんじゃない、この上司!

って意見の方が主流になります。

 

自分と同じ世代の人は「昔は○○だったのに」と、

体罰OKとか、セクハラパワハラOKとか、

芸能人の不倫OKとか、さまざまなことで

ぐちぐちいうけど、私は今の時代の方が、

何でもハラスメント等で片付けるのもよし悪しですが

こんなお粗末な指導の仕方については、

パワハラという言葉を使おうが、

あるいは別の言い方をしようが、

おかしいよ!

と、いえるようになっているというのは

悪くない、と、思っております。

 

 

 

最後に怒っても言うことを聞かないいたずら小僧(。・ω・。)ノ♡

f:id:mishacarrot:20220131214041j:plain

近所の人にいただいた手作りの七夕のミニチュアなんだけど、

マオに眼をつけられたのでしまわざるを得なくなった(-_-;)…。

 

f:id:mishacarrot:20220131214154j:plain

別の角度からも💦。

 

ではまた(^^♪。