昭和ネコ令和を歩く

ある時は人目線、またある時は猫目線

励ましや共感の言葉を発するのって難しい 

今週のお題「応援」

 

 

 

負けないで♪ ほらそこに代表の座は近づいてる♪

 

「応援」といわれてわたしがいの一番に思い浮かぶ歌と言えば、

ZARDの『負けないで』ですね

 

~負けないでもう少し 最後まで走り抜けて♪~

 

~負けないでほらそこに ゴールは近づいてる♪~

 

サビの部分の歌詞のせいか、なんとなくマラソンを思い浮かべます。

 

そして、マラソンと言えば、

本日1月26日は大阪国際女子マラソンが開催されています。

(今その大会の真っ最中に記事書いているのですが('◇')ゞ)

この大会は東京五輪の代表選考レースの一つになっていて、

他にさいたま国際女子マラソン

名古屋ウィメンズマラソンの三大会の中で

設定タイム2時間22分22秒を超えた選手の中から上位一人が

最後の代表の一人に選ばれるのです。

 

2時間22分22秒ってね、にゃんにゃんタイムか!

と、思ってしまったのは猫好きのサガ(;^ω^)。

f:id:mishacarrot:20200126143741j:plain

飼い主に向かってねこまっしぐら

 

まあ、それはさておき、応援の言葉の「負けないで」も「がんばれ」も

スポーツという競技の中での奮闘を応援する場合には

言われる方も励みになるのですが、

これが人生の中の苦境を励ますために使うとなると

そう単純に相手の心に響かせて

励まし応援することができるかというと違うのです。

 

むしろ逆の場合も多々ありますね。

 

一見励ましているように見えるけど実は

相手を傷つけたりにプレッシャーを与えたりする

そんな言葉じゃなくて本当に

人を励ますときに使った方が良い言い回しとは?

 

「励ます 言葉」など、他にも似た用語で検索してサイトを見て

私が見てもよさげに見える言葉を上げてみました('ω')ノ。

 

「がんばったね」

「がんばれ」ではないのですね。

うつ病の人に「がんばれ」というのは厳禁、というのは

だいぶ一般の人に認知されてきました。

気軽に愚痴や不満を口にする人がいる半面、

なかなかそれを口に出せない人もいます。

 

そんな人がそれを口に出せたときには

本当にギリギリであることが多い、

にもかかわらずどういうわけか?

そんな「がんばりやさん」ほど

こういうことを言われたりすることが多いようで、

それは言われている側からすれば

「お前はまだがんばりが足りない」と、

とがめられているようにも響きます。

 

「大変だったね」

これとは逆に「私はもっと大変だった」などと

マウンティングするのが毒親

あるいは、フレエミーなどといわれる友達の顔をした敵です。

 

またこの言い方の変化形で

「世の中にはもっと大変な人がいる」というのもありますね。

 

被災地支援のボランティアに関する記事で

ボランティアが被災者に言ってはならない

言葉の一つに挙げられていました。

 

自分も震災経験してますが、大変でしたし、

そして公的な支援などもうちょっとなんかしてくれないの?

という不満も感じてましたが、

同時に自分程度の被災でギャーギャーいうのはどうかな?

という気持ちもまたありました。

そういう状況の時に「もっと大変な人がいる」って言い方、

本人がそう思って奮起するのはいいけど

他人に言われたくはないなと思いました。

 

「あなたなら大丈夫」

毒親は、これとは逆に、

「お前が至らないから、心配だからあれこれいってやってるんだ」

みたいな、恩着せがましい方で

これでもかと子供の至らぬ点を嬉々としてあげつらっていきます。

 

「いつでも話を聞くよ」

これについても毒親というのは逆、

聞くのではなく、自分の考えを主張し押し付けていきます。

 

あなたなら大丈夫と信頼し、

いつでも話に耳を傾けてくれる態度、

とは真逆の態度で親から接せられ育てられてきたので、

自分自身どうも他人様の苦境の話を聞いても、

どんな「励まし」の言葉を言えばいいのかわからず

無言になることがけっこう多いです(~_~)。

 

自分が苦しい時でさえ、

さらにいたぶられるような言い方を

親からされてきた自分としては、

人が苦しいときに言ってはいけない言葉はわかりますが、

相手を傷つけたりプレッシャーをかけたりせず

応援していることを表すのに適切な言葉というのは

私自身もとんと思い浮かばないので

つい無言になってしまうというわけです。

(だからわざわざネット検索で調べるまでしたのだな。)

 

☆本日の癒し~励まさないで(パゲ増さないで)~☆

f:id:mishacarrot:20191115154154j:plain

こちらの画像は以前「ありのままのへそ天」

いうことで紹介したことがあります。

 

お腹の真ん中にピンクの丸い箇所がありますが

これは血尿を出して病院に連れて行ったときに

検査のために毛を剃られてパゲになった部分です。

 

そのときにパゲの部分を初めて触ってつついてみましたが、

毛皮をもふもふするのとはまた違った快感(*^▽^*)。

つるっとすべらか、それでいて柔らかく、

ぷにぷにした感じがたまりません!

でもあまりやると猫が嫌がるので

ほどほどにせざるを得ませんでしたが…。

 

ちなみに以前画像を載せた記事はこちら('ω')ノ 

mishablnc.hateblo.jp