自衛隊と関連団体はDV・モラハラ礼賛ですか、それとも厳しく対処する方ですか?

今回の自衛官夫のDVと言って差し支えない

振る舞いを記事にした動機としていくつかあります。

 

まず自分がこれから公的機関(婦人相談の部署)に事を説明するにしても

話をきちんと整理し状況と今の気持ちを的確に伝えるために

文章に起こすことが非常に有効であり重要だったからです。

現に下の記事にある☟、夫の心無いDVと定義できるほどの振る舞いの果てに

相談に行った公的機関でもそれを用意して相談にのぞみましたから。 

mishablnc.hateblo.jp

また6月ごろから夫が病気でずっと家にいて

(現在一応医師から働いていいといわれるまでに回復している)

こちらの体調もそれに伴い悪化の一途をたどり

もはや限界のところに来ているのも理由の一つです。

 

「そんなもんお前も同意していたやろうが!昔のことをぐちぐちと!

だいたいお前は話し合いのできないタイプなんや!

何を言っても後ろ向きなことしか言わんで、

だいたい働いてないなら働いている俺に対する態度っていうものがあるのに、

お前の態度は仕事をやる気も失わせるわ!」

 

これは☝11月末ごろに旦那が私を罵倒していったセリフです

自衛隊を退官してからは今の家のローンを支払うためには

それなりに給与の出るけどきつい仕事につかざるを得ないことを、

退官後、夫は不満たらたらで私にも当てこすりじみた言い方を何度もしていました。

 

給与の高い自衛官時代に無駄使いをせずちゃんと貯蓄していれば、

退官後、給与は低くても余裕のある働き方をすることだって可能だったのに

妻のいうことは一切耳を貸さず(そして私が同意したかのように勝手に解釈し)

時に不貞腐れたり罵倒したりして妻を精神的に傷つけてきて、

 

それで今になって病気で退職を余儀なくされ

(もう一度いうけど今は働いていいと医者に言われている)

苦しいから私にも働いてくれと言われたけど、

わたしとしてはこのブログ記事に書いた、('ω')ノ 

mishablnc.hateblo.jp

この件について☝ちゃんと反省してもらいたい! それから、

mishablnc.hateblo.jp

 この記事に関することも('ω')ノ!

 口に出したら上記の罵倒が飛んできたのです。

 

この中にある十年ちょっとで車を五回以上買い替えというのは

ブックマークつけてくれた方にもご意見いただきましたけど、

 

   車を買い替えるたのは5回以上ってところで、もうね。言葉がありません

 

 私も実は意見を言ったことがあるのですよ、そしたら、

「お前に迷惑かけてへんやろ!」と、罵声!

 

私がもし働くとしたら、離婚前提かな。

妻の意見を受け入れず無断で数百、数千万の浪費、

意見を言ったら罵倒、ふてくされ( `ー´)ノ

それを繰り返した挙句の経済的困窮ををうめあわせするために、

50を超えて再就職する妻の役割を押し付けられるいわれはありません!

「お前に迷惑かけてへんやろ!」と豪語して後先考えず浪費して

結局迷惑かけて半年以上も仕事見つけらず家にくすぶって

妻にも働くのを、これまでのことを反省し頭を下げて頼むでもなく

上から目線で、お前のこれからためにも、という言い方で話を切り出す…、

しかも自分はいまだに仕事見つけていない!

人として男として恥ずかしいと思わないのですかね?

こういう言い方ちょっとふるいかもしれないけど

私が旦那の独断浪費や暴言に愚痴をこぼしたとしても

近所の人間 or 自衛隊にいたころは自衛隊の中の雰囲気みたいなものが寄ってたかって

九州男児肥後もっこす)だししょうがない、男尊女卑万歳みたいな雰囲気で

愚痴すら封殺されている雰囲気でした!

男尊女卑がただの役割分担ならそれでいいですよ、

私は家のことをやる方が働くより好きだし

だけど再度いうけど無茶なお金の使い方を「お前に迷惑かけてない!」

と、豪語した結果、迷惑かけて悲劇の主人公気取りって

みっともないったらありゃしない!

 

話を11月ごろに私を罵倒したセリフに戻しましょう。

この言葉を聞いて以来、私は夫が視界に入るとめまいを感じるようになりました。

もともと定年前に夫がしばらく家にいたときも

ちょっと胃が痛くなり「夫在宅ストレス症候群」なんて言葉も初めて知りましたが、

いまはもうかれこれ半年近く夫は家にいて

それだけでもしんどさを感じていたのですが、

それがもはや、上記のセリフ以降、

視界に入るだけで「めまい」を感じるようになり、

じつはこの一連の記事を書き始める数日前には

二晩続けてまんじりともできなかった不眠状態が続き、

薬局で睡眠導入剤を担当者の指示を受けて服用しているのが今の状態です。

(旦那が視界に入ったときはできるだけ見ないように、

顔をあっちの方向に向けてしのいでいます)

 

 

さてここからが、この一連の記事を書いたもう一つの動機を書きましょう。

ツイッタを始めてからブログをそこで拡散させていますが、

この一連のブログに関しては、「自衛隊」「北熊本駐屯地」「隊友会」ほか

もろもろの自衛隊関連のハッシュタグもつけて拡散しています。

だから何らかの形で目にしているはずでしょ!

自衛隊関係者たち!

 

旦那が現役時代から、家二件あるとか、車を次から次へと買い替えるとか

そんなものに拍手喝さいを送って

「男の金の使い方」だの「許している奥さんは懐が大きい」とか、

他人の人生だと思って無責任にはやし立てて!

それゆえ今の今まで夫の考えも改まらず、ですよ。

 

今まで記事に書いた夫の金の使い方を許さない妻は懐が狭いのですか?

 

聞いてるんでしょ、自衛隊の面々!(OBも含む)

 

ブログでこういった形でメッセージを送るのはかなりイレギュラーなやり方です。

そもそも私自身、いくら自衛隊が夫の古巣だといっても

本来は犬猫やカルチャー、たまに時事問題などを書いていて

ツイッター上でもいわば畑違いの存在ですが、あえて訴えています。

 

自衛隊というのはやっぱり特殊な団体で旦那にしても

今も連絡を取り合う人がいて縦横のつながりなども結構強い

  • 1960年12月生まれ 
  • 退官時 北熊本駐屯地勤務 第八後方支援連帯第二整備大隊
  • 退官時の身分 曹長
  • 名字のイニシャル S

このくらいの情報を出せば、不特定多数の一般人にはわからなくても

わかる人にはわかるでしょう。

自衛隊という組織そのものが人権感覚に乏しいDV礼賛

あるいは、まともな金銭感覚も持ち合わせない集団

思われたくなければ、夫が行った

この自衛隊関連の四つの記事に書かれている振る舞いの数々が

いかに悪質なものであったかを

何らかの形で本人を呼びつけて骨の髄までわからせる!

(飲み会みたいな砕けた形のものでもいいから)

そのくらいしてみなさいよ!

 

それを行い何らかの変化が認められるようにならないかぎり

私は何度でもこれらの記事を自衛隊関連のSNSにアップし続けます。

(ちょっと脅しが北朝鮮に対するアメリカっぽくなったかもしれませんね('◇')ゞ)

 

別に自衛隊その関係団体を敵に回したくて行っているわけではないです、

前回の記事ではブックマークにてこんな指摘も受けました。

いやそれ昭和の時代でも相当ひどい部類と思いますが。地域とか年代とか男としてじゃなく普通にだめな人間の典型だと思います。失礼ながら。    

まあ、そうなのかな?

結構夫婦仲は良いとみられていたし、それを認めてもよい、

家の事は良くするし、自分のことは自分でできるので割と楽とか、そのほかもろもろ

美点は美点として認めてもいいけど、

これまでの四つの記事に出てきたDVと定義してもよいような悪質さは

どうしても看過できません。じっさいそれで私は体調不良までおこしていて

いつ限界がきて倒れるかわからない状況ですからね。

 

夫と結婚生活を続けるとしたら条件は二つ

  • 早急に仕事を見つけること(もちろんさっさとやめるとか、家に帰って厭味ったらしくぶつくさいうとか無し)
  • 今まで紹介した行いの数々が間違っていたことを理解し二度とおこなわないこと

仕事はさっさと見つけてくれければ、収入の面だけでなく

私自身の体調が持たない、そして、いま夫の姿見ただけでめまいを感じているけど、

仕事に行ってくれて離れている時間がまた出来たらそれが解消されるのか?

解消される可能性もあるけど、そうするためにも仕事に行ってくれること必須!

(紹介やあっせんでもしてくれたら、なおありがたいですけど)

 

二番目はあんな詐欺商法や車や土地などの浪費に使ってきたことを反省してくれないと

また同じことをされて生活が立ち行かなくなる可能性がある、

お金がないから今大きな事には使わない、などと旦那はうそぶいていますが

世の中には借金させてでも怪しげな出資を促すやからはいるのだから、

そういう認識じゃダメなんですよね。

 

さて自衛隊関係へのメッセージはこれくらいにして

「普通にダメな人間」☟と称される旦那ですが、再びアップ

いやそれ昭和の時代でも相当ひどい部類と思いますが。地域とか年代とか男としてじゃなく普通にだめな人間の典型だと思います。失礼ながら。  

f:id:mishacarrot:20190201150152j:plain
f:id:mishacarrot:20190215165908j:plain

この子たちの生活を保つために、二人が別れるのは好ましくない

とおもっているから、こんな昔の夫の古巣にまで声をかけているわけですよ。

 

ではでは<(_ _)>。