創作-漱石

吾輩は猫(マオ)である2 ~にゃしゅらんの格付け~

吾輩は下僕の家で家の中と庭の近辺の警備を請けおっている。 下僕であるにんげんは体はわれら猫よりでかいが、 動きが鈍く外からの脅威に対してどうも鷹揚なところがある。 ゆえに吾輩が毎日パトロールを行う、 優れたものに課せられた「ノブレスオブリージ…

吾輩は猫(マオ)である。名前もマオ(猫)である。

吾輩は猫である。名前もマオである。 ニャッ?この文章の妙がわからぬ輩がいると! やれやれ、説明してやろう。 吾輩は、どこで生まれたかはとんと見当がつかぬ、が、 ひもじくさまよっているところを吾輩は持ち上げられ、 連れ帰ったにんげんがこののち吾輩…