関西生まれの私が「納豆苦手」を克服したメニュー

今週のお題「納豆」

 

いまでこそ太巻きを「恵方巻」と言い、

節分にまるかじりするなんて言う関西の風習が

全国レベルに広がっていっていますが昔はそうではありませんでした。

 

同時に関東圏で主に食されていた「納豆」なるものを

関西育ちの私が子供のころには

スーパーで売られているのを見たことも

(たんに気づかなかっただけかもしれないが、

それもちょっとしか売られてなかったということだし…)

食卓で並ぶということもまったくありませんでした。 

f:id:mishacarrot:20200714162116j:plain

 

結婚してのち、三十代に入っていた頃でしょうか。

 

納豆が健康にいいということが全国ネットのテレビ番組で

頻繁に報道されるようになり、

だったらちょっと食べてみようかと購入したものの、

 

あきまへん( ̄▽ ̄;)💦

 

食べるときににおいが気になるというレベルではなく、

もう、冷蔵庫に入れてるだけで中が

 

異臭騒ぎやがな(;゚Д゚)💦!

 

1990年代でしょうか、あの頃は健康番組ブーム、

特に発酵食品の納豆、キムチ、ヨーグルトetc。

 

健康にいいって言われるとなんか主婦としてはね、

でも、ダメなものはダメ!

 

ただ、独身時代関東で一時暮らしていたことのある

旦那のほうがまず納豆への抵抗感をとりさっていた、

そして勝手に玉子と一緒まぜてに焼いているのを見、

それのにおいがそんなに気にならなかったので、

 

これお好み焼き風に焼いたらよくねってことで

ためしてみたらビンゴ(^^)v!

 

材料(量は適当なのでそれぞれお好みで)

  • 納豆
  • 玉子
  • 小麦粉
  • ネギ(小口切り)

味付けとして

以上をお好み焼きを作るのと同じように

ざっくりと混ぜてフライパンで焼きます。

 

そして上にソースと辛子マヨネーズをぬり、

かつお節もふりかけましょう。

 

レシピというには恥ずかしいほどざっくりしていますが、

以上が基本的な材料と作り方です。

 

あとお好みとして、

  • シーチキン
  • コーン
  • 山芋のすりおろし
  • ベーコン

などなどもくわえるとおいしいです。

上の三種の食材はいっしょに混ぜます。

 

ベーコンはブタ玉を焼くのと同じ要領で、

まずフライパンに切らずにそのまま焼いて、

そのあと上にお好み焼きの種を入れて焼きます。

  

カラシ多めで調理すると納豆のにおいも気にならず、

しかも卵と小麦粉で包んで焼くのでもう別もんでしたからね。

 

納豆好きな人も苦手な人も、

よろしければお試しあれ、おいしいよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

☆本日の癒し~なんかうまいことはまってる~☆

f:id:mishacarrot:20200714163853j:plain

マオさん、部屋の端っこにピタッと…。