SNS考察 ~フジテレビのパワハラについて~

以前の記事で木村花さんの自死事件について書きました👇 

mishablnc.hateblo.jp

3日に金曜日のフジテレビの発表を見て

急いで上の👆記事をまとめましたが、

実をいうとこちらのほうが執筆としては先に手掛けています。

 

まずはSNS考察

時事問題を検索するとほんの少し前なら2チャンネルのまとめサイト

今ならSNSの書き込みが記事の上部に表示されます。

(グーグルさんの基準っていったい…?)

 

匿名でもなんでも (だからこそ?)、

多くの人の本音が漏れているということで

最近は「ガールズチャンネル」っていうのが読みやすいので、

何か気になることがあれば参考に覗きにいくことがあるし、

ツイッターをブログ宣伝のためにやっているので、

「今日のトレンド」というので時事問題に対する

一般の意見というのも目にすることがあります。

 

そういうのを目にすると確かに、

世の中にはボキャブラリーに乏しい人間もいるものだな、

と、思ってしまうこともしばしばです。

 

にんげん生きてりゃ、誰か、あるいは特定の団体とかある存在に

怒りを感じたりして「4ね!」とか「消えろ!」とか、

思ってしまい、その気持ちをどこかに

表明せずにはおれないことがあるかもしれない、

この記事を書くきっかけとなった木村花さんの件にしても、

炎上するほどに多くの人々の感情を逆なでするような

映像表現が番組内でなされてしまったことは想像に難くないです。

 

ただ自分の場合、そういう時にはどうしてその存在を

「4ね!」とか「消えろ!」と思うまでに腹を立てたのか?

みたいなことを頭の中で整理してから

その整理した内容もいっしょに出さなきゃ気が済まない、

でもそれはツイッターとかには向いてないのですね。

字数制限も140字しかないですから。

 

ブックマークのコメントも100字までしか入力できないので、

がっつり感想書こうと思えばいつも字数オーバーになってしまって、

仕方ないのでワンフレーズだけ感想入力、

あるいはブックマークだけして後で書こうと思って忘れる

なんてことをよくやらかしています、すいません<(_ _)>。

 

でも世の中の動きは「4ね!」とか一言で

表現することのほうが主流になっているのでしょう。

 

ワンフレーズポリティカルという言葉があります。

政治家がキャッチコピーとか簡単に表現できる言葉を多用することです。

反政府デモの方も「アベ4ね!」とかワンフレーズでした。

 

自分はこういう動きにとことん合わないみたいですが、

こういう世の中の動きのけん引役の一つは

他ならぬメディア業界でもあったはずですよ。

f:id:mishacarrot:20200706184120j:plain

 

 

SNSの書き込みだけが問題か?

SNSの書き込みがもとで木村花さんというタレントが自死された事件。

 

この件で最初SNSでのネガティブな書き込みに対する批判が

メディア関係者からバンバン出たけどよくよく精査してみると

そのSNSによる「炎上」を喜んで煽っていたのは

ほかならぬ番組制作側だったでしょう。

 

私は「木村花」なるタレントも「テラスハウス」という番組名も

今回初めて知り、とりあえずざっと事の顛末を調べたけど、

番組内容はドキュメンタリー風の生活中継と

それに対する著名タレントのだめだしコメント。

 

他人の生活を覗き見てそれをとやかく言いたがる人間の欲求を

満たすような番組作っていてよく言えるものだな⁉

っていうのが正直なところです。

 

加害者側はいつも面白半分、軽い気持ち

他に証言として、男性出演者が「女性の胸を〇む」ことを

こっそりささやいて促されたなんて話も出てきましたね。

証拠の残らない形でやるあたり巧妙すぎます。

 

言ったほうは、男性出演者が実際それをすれば、

盛り上がって視聴率爆上げ、ネットの炎上も何のその

その程度の気持ちだったのでしょうね、いわゆる、

 

「面白半分」「軽い気持ちだった」

 

これっていじめやハラスメント加害者のテンプレな言い訳です。

 

「やるかどうかなんて本人に任せているし」💦

 

何度も言うが上下関係があっていってるくせに

いざとなると本人に任せているは一般市民も納得しません。

 

そして問題はその件をフジテレビだけでなく他の民放も報道しない、

SNSに関しては口を極めてののしったくせに😡!

 

SNSの誹謗中傷もまた「軽い気持ち」で

された事例が多くあるでしょうが、

制作現場で同様のハラスメントを展開しておいて、

SNSだけ責めて済ませられる問題なのか?

 

この事件の流れの源流は

テレビ局の制作サイドの出演者へのパワハラであり、

SNSの書き込みはその流れの先にあったものです。

元凶の方はそれ以上に強く非難してしかるべきでしょうが!

 

だいたいビンタは暴行、女性の胸を〇むは強制わいせつ、

そんなものを「実話でございます」なんて形で報道されれば、

SNSのない時代でも、その後の出演者の人生に

多大なる悪影響を及ぼしたことでしょう。

 

そこのところ分かって出演者にものを言っていたのでしょうかね?

いかに出演者の人生を使い捨てにしているかって話でしょう。

  

でも、まさか自殺する人まで、

出るとは思わなかったので💦

慌ててSNSをののしって

メディア業界はお茶を濁そうとしている!

 

このままSNSだけを批判し、

各民放がフジテレビのありようを批判しないのであれば、

メディア業界全体が夢を盛ってメディアにかかわった若い人たちの人生を

使い捨てにしてもかまわない軽いモノとみなしている

そう判断して差し支えないでしょうね。

 

ああ、一般人の人生もずいぶん軽く扱っていますよね。

過去に木下優樹菜の事件についても記事にしたことがありますが 

mishablnc.hateblo.jp

 木下優樹菜の件のご当人の恫喝はネットによる「誹謗中傷」

そして彼女があおったことでフォロワーたちが

ネットリンチ」をオーナーに対して行ってきました。

 

にもかかわらず報道自粛で隠蔽

一般人が芸能人にSNSで攻撃するのはあれだけ悪し様に言っておいて、

芸能人が一般人をSNSで攻撃したのは業界あげて隠ぺいですか?

 

一般人の人生もメディア業界は芸能人のそれより、

ずいぶん軽くお見積もりのようですね。

 

☆本日の癒し~ジジの上で~☆

f:id:mishacarrot:20200422163311j:plain