イタリアパスタと日本麺をたのしく比較

今週のお題「そうめん」

f:id:mishacarrot:20210610192949j:plain

 

そうめんとひやむぎやうどんの違い

そうめんとは何ぞや?というと、

小麦粉を原料とした日本および東アジアの麵の一つ

Wikiからの抜粋です。)

 

夏の冷たい麺には「ひやむぎ」などもありますが違いは?

 

そうめんが麺の太さ、直径1.3mm以下

ひやむぎが直径1.3~1.7mm以下

そして1.7㎜以上になるとうどんと言います。

 

原材料は同じです。

 

ただそうめんとひやむぎは製法が違う場合があります。

 

そうめんの多くが手で伸ばして作られるのに対し

手延べそうめんというのがありますからね)

 

ひやむぎは機械で裁断されるものが多い、

(昔は伸ばすのではなく包丁で裁断されていた)

 

手作業で作られるそうめんは乾いてしまわないように

油が多く含まれています。

 

ちなみに色付きの麺が入っているのがありますが

それはひやむぎのしるしなのですね。

 

そういえばいつも買う「揖保乃糸」には

色付きの麺が全然入ってません。

 

イタリアのパスタに例えると

イタリア料理のパスタですがうちらが子供の頃には

「スパゲッティ」という名称しか出回ってなかったけど

本当は太さや形によっていろいろ名前が違うのです。

 

それらをちょっと日本の麺類に例えてみると、

 

まず、一番オーソドックスなスパゲッティ、

直径1.4~1.9mm、やや細めのうどんからひやむぎぐらい。

 

スパゲッティーニ、直径1.2~1.6mm

あっさりとしたオイルテイストや汁気の多いソースと合う

こちらがひやむぎ&そうめんに近い

 

カッペリーニ、直径0.8~1.1mm

「細い髪の毛」という意味、汁気の多い軽いソースに合う、

かなり細めのそうめんです。

 

そして語源は「舌」という意味の  

スパゲッティをつぶしたような形のリングイネ

さらに平面が5~10mmと広いフィットチーネ

これらはきしめんと言った感じでしょうか。

クリームソースなど濃厚な味が合うのですね。

 

基本的に麺が細ければ細いほど、

汁気の多いソースと合うようなので、

そうめんを麺つゆにつけて食べるのは

理にかなっているのですね(●´ω`●)。

 

オーソドックスな食べ方に飽きたら

うちでは麺つゆにつける場合の薬味はネギですが、

夏の菜園でミョウガ青じそ

収穫できるようになったらそれらを使います。

それとおろししょうが、これが基本ですが、

たまに飽きてしまったときは

ぶっかけそうめんつゆを使います。

ちりめんじゃこをゴマ油カリカリに炒めて

醤油をたらしたものと青じそをトッピングします。

 

それすらも飽きたら…?

 

といったことはこれまでなかったのですが、

もしそうなったら先ほど挙げたパスタの中の、

カッペリーニがそうめんにちかい太さで

なおかつ冷製パスタによく使われているので、

レシピを参考にしてアレンジするとよさそうですね。

 

☆本日の癒し~にゃんめん流し~☆

f:id:mishacarrot:20210610200554j:plain