卒業ソングに恵まれなかったよ~(~_~♪ )

今週のお題「卒業」

 

コロナ騒動のせいで各種イベント自粛、

卒業式も例外ではないようで、

かろうじて教師&生徒だけで式をというケースも何とかあるようですが…。

 

中国の情報隠しや経済優先での後手後手な対策のせいで

若者にしわ寄せがきているのを(春の選抜まで中止)、

「今が我慢のしどき」などと、

それ自体間違ってないけど聞かされるのはかなりイラっと来ます。

 

時代背景が若者の生活にも何らかの影響を与えるのは

仕方ない一面もあるでしょう。

でも今回の件は情報隠蔽といい、経済優先後手後手対応といい、

大人の犠牲になったようなもんじゃないの!

 

実をいうと私は高校の時の卒業式で

なんで私らの年は恵まれなかったんだ~!

と、ずっと思っていました。

その理由は卒業式にふさわしい歌の流行です。

今年の、卒業式もできない、できていたとしても縮小、

というケースと比べるとしょうもないですが(´-ω-`)…。

 

  • 1982年 サザンオールスターズ「YaYa(あの時代を忘れない)」
  • 1983年 H2O「思い出がいっぱい」

 

これらは私の年代が高校1,2年の時にはやり、

卒業式で歌われた歌です。

 

~古いアルバムの中に隠れて思い出がいっぱい ♪~(思い出がいっぱい)

 

~胸に残る愛しい人よ、飲み明かしてた懐かしいとき ♪~(YaYa)

 

ちょっと「YaYa」のほうは大学の卒業式ならともかく高校で使うのは?

「飲み明かしてた」ってね(;^ω^)、今にして思うな(シミジミ)。

 

でも自分たちの時は卒業にふさわしいというのは何もなし~( 一一)。

なのでかなり昔にはやったユーミンの「卒業写真」を歌うこととなりました。

いや、これもいい曲なのですけどね、

自分たちの時にはどんなのがくるかな?と期待していたので、

ちょっとショボ~ン"(-""-)"。

ユーミンファンの方すいません、私もユーミンの曲好きです。

ただタイミングの話ですので。

 

私たちの高校では卒業式の歌は

卒業生が自由に選ぶことができるシステムでしたので、

でも音楽の先生は何を選んでも、

「こんな曲を選ぶようじゃ程度が知れてる」などと、

(当時の)最新J-popを蛇蝎のごとく嫌って、

私たち生徒に嫌味を言っていましたね。

(だからあまり好かれてなかったけど(控えめな言い方)。)

 

あれから数十年、卒業式にふさわしいJ-popも増えましたね。

ランキングを検索して調べてみたけど、

調査している媒体によって順位は変動してます。

 

どの調査でも必ずベスト10以内にランクインしているド定番としては

などなど、

調査した年代によって挙げられている歌も違うようで、

私たちの年代では

あったね、忘れてた~(;^ω^)…。

 

いい歌は山のようにある、

たまたま私らが卒業する年代にははやらなかっただけで。

 

今年の学校を卒業する若者たちには、

こんなことをなげいている私などとは比較にならないほどの

情緒的犠牲を強いているのだから

早く世界がパンデミックを「卒業」して

埋め合わせをしてあげれるようになってほしいものです。

 

☆本日の癒し~我が家からの卒業~☆

f:id:mishacarrot:20130713091644j:plain

豆柴メイの子たちが我が家を旅立っていく直前の写真