読んだ当初良さがわからなかった『二十四の瞳』

今週のお題「読書感想文」

感想文、どうやってごまかしたんだっけ?

小中学校の夏休みといえば宿題の一つに

「読書感想文」ありましたよね。

いまでこそ、こうやってブログにて

あれやこれや文章をつづっている私ですが、

当時は感想文を含む作文が大の苦手でした。

 

小学校の何年生の時かは定かではないのですが、

課題図書の一つにあった『二十四の瞳』を

読み終わったのはいいが何の感想もさっぱり

湧いて出なかった記憶があります。

 

この物語のどこが課題図書になるくらいいいのか?

 

自分が小学生だった昭和五十年代、

今のような少子化ではなくその逆で

一クラス四十人以上というのが普通の状態でした。

 

離島の美しい自然を背景にした

一クラス十二人の子供たちと先生の心の交流、

工場が立ち並びしょっちゅう光化学スモッグが発生して

時には体調をくずす環境に置かれた

小学生といたしましてはピンとこなかったのですね。

十二人の登場人物(生徒)の名前と性格を覚えるのが大変だった

と、いう記憶しか読んだ当時はなかったし、

それについての感想文をどうごまかしたのかも

いまとなっては忘却の彼方です。

 

二十四の瞳』をもとにした作品あれこれ

 その後大学時代にテレビでたまたま見た

白黒画像の映画『二十四の瞳』にて昔わからなかった

この作品のキモのようなものがわかりました。

 

例えば、なぜ冒頭の小石(大石)先生初登場のシーンで、

彼女が自転車に乗っているところが描かれていたのか?

 

自分が小学生の頃は自転車は当たり前の乗り物で、

むしろ乗れないヤツは「早く練習しろ」と

周囲につつかれるくらいのものだったけど、

小説内の時代では洋装で自転車に乗るおなご。

それ自体が奇異にみられることもあったという

背景があったのですね。

 

そんなハイカラ女子の先生と子供たちの心の交流。 

f:id:mishacarrot:20200831171925j:plain

 

自分を「今」取り巻いている時代や環境と

それとは違う背景の相対化は、

それなりに年を重ねてからでないと無理だし、

大学生なら作中の十二人の子のいたいけな姿に

なごみのような感覚を持つかもしれないけど、

小学生が作中の小学生にそういう感慨を

持つことのできるヤツがいたら逆に怖いわ💦

 

ちなみにこの『二十四の瞳』は、

何度も映画やテレビドラマ化されているようで、

上記で語った白黒のはおそらく

1954年の高橋秀子さん主演のものだったのでしょうね。

その後1987年にも田中裕子さん主演で作られています

 

余談ですが郷ひろみさんの歌『2憶4千万の瞳』って

絶対に『二十四の瞳』を意識してタイトルつけているよね。

確かに当時の日本の人口1憶2千万×2で

この数字になるけどうまいね。


2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン- 郷ひろみ

 

どうも大人になっても感想文は

あっちこっちに話題が飛んでしまうようです( ̄▽ ̄;)。

 

☆本日の癒し~いたいけな瞳~☆

f:id:mishacarrot:20200831172912j:plain

ユズが2017年に産んだ子たちです。

 

もう一丁いきましょう('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20200709162916j:plain

この前巣立ったばかりのユズの子、白毛はちょっとたれ目気味。