昭和ネコ令和を歩く

ある時は人目線、またある時は猫目線

今日はタロジロの日 ~美談の影に悲劇あり~

本日1月14日は「タロジロの日」でもあります。

 

1959年1月14日、

南極に取り残されていた樺太犬タロとジロの生存が確認。

f:id:mishacarrot:20210114180801j:plain

この話がのちに「南極物語」という映画にもなりましたね。

 

「なぜ犬たちを連れて帰ってくれなかったのですか?」

 

CM宣伝での犬の飼い主の少女のセリフは今も覚えています。

 

置き去りにされた犬が他の動物を襲って

南極の生態系を乱すのを避けるために

鎖につながれたままにされ絶命した犬もいたとか…。

 

名作だとの評価もあるが、きっついわ、私は見たくないな…。

 

2頭が生き延びたというけど、

他の犬はみんな死んじゃったわけだからね。

 

「愛と希望と勇気の日」だって、

 

まあ、タロとジロだけでも生きててくれたのは

良かったにしても、複雑だね。

 

そもそも美談というのは理不尽かつ過酷な状況にて

生まてくるものであり、コロナ禍においても、

仕事をなくした生活困窮者への炊き出しとか。

 

あとうろ覚えだけど、とある九州の地方自治体で

仕事を首になってお金が無くなった在日外国人の方が

国にかえれるようにカンパしあう話もあったんだけど、

そもそも、コロナにおいてビジネスが委縮したとたん

あっさり首を斬られる人が存在する経済構造に

問題があるんじゃないの?

 

低賃金のブラック労働を強いる企業アリーの

その過酷な条件で日本人が使いづらいとなると

外国人を研修生とか言う名目で読んできて

奴隷労働させるようなことをする企業アリーの、

 

それでもそういうところで働かざるを得ない

貯えもない者たちが真っ先にコロナ禍で困窮しています。

 

コロナ禍でも首になる心配のない大手放送局の社員たちが

恐怖を過度にあおってステイホ~ムなんて

ファッションのように放送しているその裏でね。

 

話を南極物語に戻しますと、

高倉健演じる主人公のモデルとなった菊池徹さんが

最後まで犬の保護を訴えていたのは事実のようですし、

犬を置き去りにするなら自分も一緒に

ヘリコプターでその地点に降ろしてくれ、と、

要望して却下されたとか。

( 死ぬつもりじゃなく一緒に越冬するつもり

だったのではないかと、ブログ主の推測ですが…。)

 

人の行動にも救いがないわけじゃない、

そういう物語ですが、

やっぱ犬がたくさん死ぬのは事実だし

精神的にきついので、

自分は視聴することはないだろうね。

 

☆本日の癒し~雪がアイスクリームだったら~☆

先日の大寒波でうちの地域も雪が積もりました。

その時の画像です('ω')ノ。

f:id:mishacarrot:20210114175706j:plain 

子どものころ、自分が住んでいる地域では雪はめったに降らず

雪はアイスのように甘い味がすると空想していた頃がありました。

 

大人になって実際に口にしてみるとただの氷やん(;^ω^)…。

 

ではでは(^^♪。