コロナたいしたことない派の著名人にいろいろがっかりさせられた点

お題「#この1年の変化」

f:id:mishacarrot:20210210173545j:plain

 

最初に言っておきますが、

私は新型コロナ「軽視」する人に対立する考えではありません。

むしろコロナに関する認識はそちらの方に近いです。

 

過去記事からですが👇 

mishablnc.hateblo.jp

 

mishablnc.hateblo.jp

 

でもメディア(特にテレビ)の恐怖あおりなどに

物申してきた著名人に対し、

別のことでがっかりさせられることがあまりにも多すぎました。

 

その最たるケースがこれですね👇 

mishablnc.hateblo.jp

 昨年秋にホリエモンこと堀江貴文氏が起こした餃子事件。

 

上に張ったインフォデミック関連の自記事には

営業自粛に追い込まれたパチンコ屋の苦境を語る

堀江氏の記事もリンクさせていたのですが、

記事自体がリンク切れを起こしたので

それに関わる記述はざっくり削って今はありません。

 

あの当時は堀江氏もムショ暮らしとか

人生いろいろ経験して人間的に練れてきて

そのうえで彼の合理的な思考が今回いい形に活かされたのかな

と、思っていたのですがとんでもなかった!

  

同時にがっかりしたのは堀江氏と同じく

コロナ怖がりすぎだろと

メディアの過熱報道とそれに伴う

もろもろの社会の反応や対策を批判していた著名人が

誰一人堀江氏を批判しなかったことです。 

 

コロナ怖い派、怖がりすぎだろ派、

便宜上、そう言い分けますが、

そのどちらが何を言っても自分はかまわない、

 

ただ影響力のある著名人や団体(メディアを含む)のせいで

そうでない一般の個人が例えば生計を奪われたりして

苦しむ結果をまねているのは絶対に許せない!

 

テレビの煽りすぎ報道にそれを見たからこそ、

バランスをとるためにもそのインフォデミックによる罪科を指摘し

批判する著名人には期待をかけたのだけど、

堀江氏自身のSNSを駆使してファンを使って行った「蛮行」について

チクッと批判の一つも言わなかったコロナ怖がりすぎだろ派。

 

インフォデミックの記事であげた小林よしのり氏もそうだったし

中川淳一郎氏というネットニュース編集者もそうだった。

 

他にも保守系の雑誌を運営している人の

(名前忘れたし今さら検索しても出てこない…)

コロナ禍での社会の風潮を批判している同様の文を読みました。

 

彼らのその世間の風潮に対し異論をぶつける気概はいいし、

それが既存メディアの過剰報道における害を薄めるならば、

と、期待し信頼もしていたのですけど、

堀江氏が自身の蛮行でそれをぶち壊してしまいました。

 

だからせめてその後、

堀江氏のその行為だけでも批判してくれさえすれば…。

 

堀江氏は新型コロナが流行る前にも、

タクシー運転手に対してのさらし行為を過去二回も行っており

いわばSNSのさらし行為の常習者だったようです。

 

(だからコロナのストレスで彼もついかっとなったは通用しません。)

 

著名人がその圧倒的な拡散力をもって晒し行為などされては

そうでない一般の人間はひとたまりもありません。

 

その蛮行の本質にはコロナは関係ありませんので

新型コロナについて意見が同じだった面々も

その点はいけない、同調できないという態度を表明してくれれば

信頼をもし続けることができたのですが…。

 

それ以降「コロナ脳」だの「マスク原理主義」だのという言葉を使って

批判をしている彼らの記事を読むのが不快になってしまいました。

 

彼らのコロナ報道批判について

別に完全に反対に回ったわけではないにもかかわらずです。

 

タクシー業界がこの餃子事件の後

マスク未着の人の乗車拒否を可能にする要望を出し

いわばいの一番に反応し要望はかなえられたが、

私は堀江氏が過去に行った晒し行為とかもあって

タクシー業界の運ちゃんたちは恐怖を感じたからでは?

とも推測したですが、当の堀江氏本人や

あるいは小林氏と彼のサイトの面々は

タクシー業界に対し悪口雑言でした(>_<)。

 

やれやれ(;一_一)…。

  

☆本日の癒し~猫ギョウザ(に見える)~☆

f:id:mishacarrot:20210209201338j:plain