動物キャラエプロンと犬のしつけの話

今週のお題「2019年買ってよかったもの」

 

紹介したかったもの、残念ながら売り切れ 

今週のお題にちなんで、何かないかな?

と、考えた末、通販で買った愛用エプロンを

紹介しようと思ったのだけど「売り切れ」"(-""-)"…。

 

こういう柄のさっとかぶれるタイプのエプロンだったのですけどね…。

f:id:mishacarrot:20191217163405j:plain

それを紹介して久々にアフィリエイトっぽい記事にしようと思っていたのに…。

 

しかたがないので代替え品で('ω')ノ

 

デザイン的には同じなのです。ジジはやっぱりかわいいし(*´ω`)。 

mishablnc.hateblo.jp

過去にこんな記事書いたこともあるし(;^ω^)…。

 

 

自分はしつけ下手と思っていたけど

さてさて、犬の話に戻りますが、

エプロンの柄と同じくうちには黒と赤の豆柴親子がいます。

f:id:mishacarrot:20190430155611j:plain

 

母犬のメイを初めて買う際には犬のしつけを本やネットで調べまくり、

最初はその通りにやろうとしていたのですがどうもうまくいかない…。

だんだん言われていることを飼い主自身きっちり守らなくなり今に至っています。

まあ、人に迷惑をかけるレベルではないものの、

しつけの下手な飼い主だなあ、と、自分自身思っていました。

 

ただ最近になって犬をしつける場合、こうしなさいといわれていたことが

実は違っていて、できなくても別にいいんだよ、って事例がいくつか出てきたのです。

  1. にんげんより先に食事を与えてはいけない
  2. 散歩のときにんげんより先に歩かせてはいけない
  3. 仰向けにしてにんげんへの服従を教えなければいけない

こちら、犬のしつけにおいて「やるべし」といわれ

結局わたしができなかったものの数々です。

 

1はべつにさきにやっても大丈夫と言われたし、

2は飼い主より先に行くのは、犬が飼い主より偉いと思っている証拠だ、

などと言われていたけど、そういうわけでもなく、

ただ散歩がうれしすぎて行きたいところがあるから

つい先へ先へと急いでいるだけだ、と、話が修正されているし、

3の仰向けに関しては、仰向けは「降参」の証であり、

上下関係をはっきりさせるためには無理やりでも

それをさせるべきと読みました。

 

だけどうちではメイもユズも仰向けになることを断固拒否!

メイはうまくいかなかったけど、

ユズについては子供のころから仰向けにすれば

それに慣れてちゃんとやってくれるようになると思い、

f:id:mishacarrot:20191217165806j:plain

さんざん仰向けにしてやったのに、

成長するとメイと同じくぜったい仰向けにならない子に育ちました。

 

プライドの高いやつらだなあ、と思いつつ

自分自身の飼い主としての力量にも自信がなかったのですが、

でもでも、最近になってこういう風に話が修正されてきたのですね。

dog-gakko.com

 なんだ、やらなくてもよかったのかあ、ホッ(*‘ω‘ *)!

 しかし、昔の説が今になっていろいろ修正されているあたり、

にんげんの子育てに関する説がいろいろ修正されているのと

連動しているような気がします。

 

昔は当たり前にやっていた「体罰」が否定されたり

昔の親(すべてではないけど)が子供に行っても

周囲にとがめられなかった非常なおこないが

今は子供の心をむしばみ人生を狂わせる許しがたいことと認知され、

それをしてきた親を「毒親」という言葉で表現されるようになったり、

時の流れとともに、小さきものを養育するにおいて望ましいと

認識される姿勢が「否定と支配」から「肯定と共感」に変わっていっていますね。

 

それが犬のしつけにおいても反映されて、

昔の説がいろいろ修正されているのかもしれません。

 

仰向けにならなくてもオールOKならば我が家の赤&黒の豆柴たちの

f:id:mishacarrot:20191217171145j:plain

こんなポーズは永久にみられないけれどよしということでいいのですかね♪