あちらの世界に親近感がわく季節

異常な暑さが原因なのか、

今日は朝からだるくて眠気が( 一一)zzz…。

なんかあちら側の世界に呼ばれている感も。

 

あちら側ってなんだよ?

 

うちらが子供のころは8月に入ると

民放のお昼からの番組で「あなたの知らない世界」

という霊界にかんする放送がありましたね。

視聴者の体験談とかもとにしていて、

長じてそれを見なくなっても

「本当にあった怖い話」(漫画)とか、

そのほかもろもろのホラーコミックとか

この季節になると読みたくなったり。

 

やたらそういうのを読みたがる自分に気づいた後で、

そういえばお盆が近いからな(´-ω-`)、

なんて認識したり…。

 

といってもそんなおどろおどろしい話をしたいわけじゃなく

むしろ

f:id:mishacarrot:20190803161359j:plain

自前の写真ですが、こころのイメージとしてはこんな感じ。

 

サギソウ

ラン科の植物7~8月ごろに開花、

花の姿が鳥のサギに似ているのでその名がついた

 

以前うちの庭に植えていたのですが、

育て方が悪かったのか消えてしまいました。

 

 

あちらの世界への感度、

「霊感」とでもいうのですか、

視えるわけじゃないけど、けっこう強いかも。

 

人混みがめちゃ苦手で、

出かけるとその後、数日は疲れを引きづるし

何もなくても変な気配のある所は

体の調子がおかしくなることがあって、

後で調べるゴーストスポットとして有名なところの近くだったとか…。

 

以前東海地方に住んでいてそこから近畿に帰るとき、

高速道で関ヶ原天王山トンネルを通過しなきゃいけないのだけど、

これがきつかった(/_;) !

どっちも戦国時代の有名な古戦場にかかわるけど、

天王山トンネルはとくに有名な心霊スポットですよ。

 

っておどろおどろしい話にしちゃってますね💦

すいません(>_<)。

 

こういう身体にもかかわる感覚って、

他人には(家族ですら)、理解してもらえなくてきつい!

母親など、まあ、

もともと私をディするポイントを常に探していたような人ですが、

どこかに出かけて翌日ぐったりしていると、

「遊びに行ったくせにしんどそうな顔をして」

と憎々しげに吐き捨てられたことがしばしばあります。

 

祖母(母親の実母のほう)が憑かれやすい人らしく

オカルト用語で「霊媒体質」ってやつなのかな?

その様子を私はほとんど見たことがなかったけど、

「〇〇(放送禁止用語)みたいに暴れる」

とかいって母は時に嫌っていて、

なので、私がいろいろ感じ取ったのを話しても

気味悪がられるだけなのでうかつに話せなかったのですね。

 

祖父の母親、つまり私にとってひいばあさんに

かかわるかもしれない霊体験や、

祖母の葬式の時の不思議な話などいろいろあって、

叔母とかはけっこう冷静に聞いてコメントしてくれたのですが、

母からは蛇蝎のごとくそんな話をするのを嫌がられました。

 

霊よりあなた(母)のそういう態度のほうが私は怖かったし嫌だったよ。

 

f:id:mishacarrot:20190803171528j:plain

 いきなり黒猫!

 

怖がらせるつもりではないです。

少しこの世のものならぬ雰囲気が出る編集にはしましたけど。

 

在りし日のチビ、果樹棚の上に座って見下ろしているのです。

果樹棚は地震のあと撤去し、いまは樹も育ててないけど。

 

いま、あちらの世界のことに思いをはせて

真っ先に思い出すのはこの子ですね。

 

愛されていたペットは虹の橋のたもとで飼い主が来るのを待つ

という詩があるけど、この子にとって私は

飼い主未満、自動エサ出し機以上って存在だったかもしれないからね。

(ちゃんとうちの子になってくれるよう努力はしたのだが…。)

 

待っててくれようとくれまいとその魂が幸せならそれでいいけど。

 

PS,それはそうと、冒頭で語った

「暑さのせいか異常な眠気」って熱中症の症状の一つで、

本当に、あちらの世界へ、の危険がある症状だったのね…。