ポテサラ論争に出てきた男性みたいなおやじが扱う芸能ニュース

昨今の芸能界は、人間的にちょっとどうなんだ?

と、いうスキャンダルが増えているように

見えるのは気のせいでしょうか?

 

まあ、その一つ俳優東出の不倫スキャンダルですが、

過去にもこのネタは扱ったことがあるのですが👇

mishablnc.hateblo.jp

 彼らが正式に離婚したという報道を知り、

ではないけど…、改めて扱います。

 

f:id:mishacarrot:20200727073955j:plain
f:id:mishacarrot:20200731164704j:plain

 

東出不倫スキャンダル、過去の分析と提言 

他の不倫スキャンダルに比べて東出昌大のそれが強く非難されたのは、

A+B+Cの相乗効果によるものでしょう。

  • A(不倫はなにがなんでも絶対に許せない層)
  • B(男女関係に口を出そうとは思わないが、多胎育児でのワンオペやモラハラ等、東出の夫としてあるまじき行動に怒っている層)
  • C(もとから杏のファンだった層)

スキャンダルが明るみになっても怒っているのがA層だけならば、

そして、それまでに築き上げた評価やオンリーワンがあれば、

多少のダメージは受けても居場所がなくなるなんてことはないはずです。

 

それをなんなのかな?私はこの件に関しては

不倫たたきをしていた層を非難するメディアに怒りを感じています。

 

こちらアラフィフは若いころに不倫ドラマ全盛期だったので、

その手のコメントや分析などもうおなか一杯!

小学館は二言目にはおフランスがどうのって言ってましたね。

シェー!かよ。おそまつすぎんねん!

 

怒りの炎が上がった原因の「ワンオペ育児」「多胎育児」「モラハラ

などのトピックはちゃんと社会で考えていかなきゃならないのだし、

陳腐な不倫ネタでも炎上するほど注目を浴びているのだから

その機会を生かして問題提起をするくらいのことできんのか?

 

余談〈ブログの事情に関して〉

上の文章は今年二月の記事にあった文をリライトしたものです。

 

あの当時はコロナだろうと芸能ネタだろうと、

「時事問題」というくくりでだけまとめていたので、

一つの記事に複数のネタがごっちゃにはいっていました。

 

こちらの記事です👇

mishablnc.hateblo.jp

 

カテゴリー分けとして新たに、

芸能は「芸能」、コロナは「新型コロナ関連」として分類するので

上の記事から芸能スキャンダルに言及しているところだけを省き

新型コロナ関連のみの記述にまとめました。

 

そして省かれた文章が上の

「東出スキャンダル、過去の分析と提言」です。

 

おりしも彼らが離婚したということで、

再び報道で扱われており、

こちらも新たに書き加えたいことがあったので、

ちょうどよかったといえばなんなのですけどね。

 

ポテサラ論争にいた男と同レベル

東出のスキャンダルに関しては、

これを陳腐な不倫スキャンダルと同じように扱って

(いや、実際陳腐といえば陳腐ですが…)

 

スポーツ新聞あるいは読者の中心が男性であった

雑誌(スポーツ紙)のネット配信しかり、

前回書いたフジテレビの番組もそうだし、

昨日目にしたTBSの番組では、

三年目がどうちゃらで、ホルモンのオキトキシンがどうちゃらで…、

誰もそんなこと聞いてへんわ!

 

不倫ドラマ全盛期のまま脳みそが止まった連中が、

単純に男女の違いに当てはめての恋愛観で物言いながら、

ついでに叩いた人間を貶める

大手メディアからの一般人へのマウンティング!

 

これは以前書いた記事の引用ですが、

 

このスキャンダルに関しては、ワンオペ、モラハラ

問題提起するべきネタを内包しているのだから

そっちのほうに焦点をシフトさせて報道したらどうなんだ、

とも、書きましたけど、

いまだ陳腐な不倫ネタとしか扱わず、

それで内容を知って反発を示した一般人を

逆に「叩きやがって」みたいな目線でモノ言う

報道もかなりあるのですね。

 

先だってあった「ポテサラ論争」で、

乳幼児連れの若い女性がお惣菜のポテトサラダを取ろうとしたのを、

通り魔的に文句を言って去った年配の男性と同レベルの、

家事や育児をほとんどしたことがない連中が

記事を書いたり、番組を作ったり、

あるいは出演してコメントしたりしているから、

 

そういう連中が

陳腐な不倫ネタ叩く連中を逆に叩いてやったで、ドヤッ<(`^´)>!

みたいな、目線からしかもの語れないのでしょうね。

 

ポテサラ論争ーツイッタでの投稿をきっかけに起こった論争

「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」の声に驚いて振り向くと、惣菜コーナーで高齢の男性と、幼児連れの女性。男性はサッサと立ち去ったけど、女性は惣菜パックを手にして俯いたまま。 私は咄嗟に娘を連れて、女性の目の前でポテトサラダ買った。2パックも買った。大丈夫ですよと念じながら。」

 

女性にだけ過剰に家事育児の負担をすることを良しとする芸能界

東出の復帰に関して「コンフィデンスマン」は

もともとすでに映画の撮影もされていたそうだし、

その公開などは仕方がないとは思うのですが、

その番組元となったフジテレビ系列の媒体の報道がいただけないです。

 

だれも渡部健の件と比べてましだなんて言ってないのに、

無理やりそれとの比較での持ち上げ、

それとコロナ禍が幸いしたみたいな物言いも嫌でした。 

 

池江璃花子選手のようになんも悪いことしていないのに、

病魔に襲われその治療とリハビリで苦闘し、

図らずもコロナ禍で開催が来年になったから、

もしかしたら復帰が間に合うんじゃね、みたいな事柄なら

こういう言い方もありだと思うけど、

多くの人の人生に悪影響を与えているコロナ禍を

自分がよからぬことをしでかした者やそれを擁護するところが

「かえって、ラッキー\(^o^)/!」

みたいな物言いされるのはめちゃんこ反発を感じました。

 

あと、東出スキャンダルの件に関しては、

本人はすでに「地獄」をやらを見ているだろうし、

これからもそれは続く可能性は高いけど、

彼を擁護した男性タレントも同様の地獄を見てほしいですね。

 

なんというか東出がしゃらっと復帰するのって、

女性のみに過剰に家事育児の負担を押し付け、

男性はそれを横目で見ながら好き勝手にする

日本社会の風潮を肯定しているような感じがして抵抗があるのです。

 

今言った件に関するキーは東出本人だけでなく、

擁護した男性芸能関係者にもあるのですから、

いままで彼を擁護しながら、

怒りを示した人間を叩いて侮辱したことが

「誤り」であったと認識しちゃんと「謝り」なさい。

 

彼の復帰が受け入れられるとしたら

それがあってからですね (少なくとも私は)。

 

☆本日の癒し~芋を転がす猫~☆

f:id:mishacarrot:20200802224752j:plain